今年7月に世界文化遺産に登録 長崎・五島列島を訪ねて

公開日:

 離島を旅するのは楽しいものだ。飛行機、列車、船と交通手段が面倒になるほど日常との距離が遠くなる。普段と違う時間の流れを感じながら、気持ちはワクワクしてしまうのだ。長崎の五島列島も、日本を代表する離島である。だが、そこにある世界遺産は、浮ついた心を深くえぐる。人間の醜さ、愚かさを現代に伝える地を訪れた。

 今年7月に「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」が世界文化遺産に登録された。長崎巡礼センター事務局長の入口仁志さんは「1614年の禁教令から1873年に禁教の高札が撤廃されるまで、キリスト教の信仰を表に出せなかった人たちのことを、学術的に潜伏キリシタンと呼んでいます。259年間に及ぶキリスト教弾圧の歴史は世界でも類を見ません」と説明する。

 五島列島では「野崎島の集落跡」「頭ケ島の集落」「奈留島の江上集落」「久賀島の集落」の4つが構成遺産となった。その中でエスカレートした差別の残虐さをまざまざと見せつけているのが、久賀島の集落にある「牢屋の窄殉教地」だ。200人あまりのキリシタンが8カ月間、12畳の牢屋に押しこめられて火責め、水責めの拷問を受けて42人(獄中39人)が亡くなった場所である。身動きが取れないような状態で遺体を踏みつけ、その上に糞尿を垂れ流さざるを得ない地獄。わいたウジに腹を食いちぎられて亡くなった13歳の少女もいたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る