今年7月に世界文化遺産に登録 長崎・五島列島を訪ねて

公開日:

 もっとも、弾圧の目的は殺すことではない。信仰をやめさせることだ。ところが、久賀島では死者を出した。これは潜伏キリシタンの多くが、長崎市の東シナ海に面した外海地区から移住してきたことと関係があるようだ。

「1979年に五島藩は大村藩に荒地を開拓する農民の移住を要請しました。これによって1000人ほどが開拓移民として海を渡ったのですが、その後も3000~5000人が移住します。彼らの多くは潜伏キリシタンで、地元の人たちから“居付”と呼ばれ、よそ者扱いを受けてきたのです」(入口仁志さん)

 久賀島は地形的に漁業に向かず、主に農業で食べていた。必要なのは土地と水だ。その一部を奪う移住者は、土着の人たちからすれば邪魔者にほかならない。長年の恨みやつらみが一気に爆発し、死者を出すほどの弾圧につながったのではないかとの見方である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る