業界の人気者 グループ13店「駒八」八百坂仁さんの巻<4>

公開日: 更新日:

いこい(東京・亀戸)

 人のよさと味のよさが重なって、人が集まる店ができると思っています。しかし、味のよさとはコストパフォーマンスのよさがあってのこと。その点でいうと、亀戸駅北口から歩いて2分ほどの「いこい」さんは、人よし、味よし、安さ満点の大繁盛店です。

 ほら、見てください。1番人気の「海鮮刺身5点盛」(写真)はブリ、マグロ、柳タコ、マダイ、マグロアジがそれぞれ3切れずつで850円。しかも、おまけに中落ちがこんもりと盛られています。どれも天然で、850円! 少し前までは、780円でしたから驚きです。

 私はカミさんと2人で亀戸駅近くの足もみに通っていて、その帰りに必ずお邪魔します。だから2人でつまみますが、70歳には十分なボリューム。こちら、すべてがこんな具合で、薄利多売。毎日午後5時の開店と同時に客席が埋まり、7時には満席。ピーク時は階段で一杯飲みながら待つ人が続出します。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  4. 4

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  5. 5

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  6. 6

    星野佳路氏 コロナと共生“マイクロツーリズム”で生き抜く

  7. 7

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  8. 8

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  9. 9

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  10. 10

    「ナギサさん」大森南朋が可愛すぎる家政夫にハマったワケ

もっと見る