メッドコミュニケーションズ・渡辺裕之さん 持つ資格は8つ

公開日: 更新日:

 七色ならぬ、“8つの資格”を持つ男。最近取得した既存住宅状況調査技術者は“インスペクター”ともいい、中古住宅の劣化状況、欠陥の有無などをインスペクション(診断)できる資格だ。

「社会問題になっている空き家対策のため今年からスタートした資格制度です。今後は中古住宅市場が活性化すると思い、いち早く取得しました」

 もともとは大手建設会社に勤めていたが、52歳ですい臓がん、54歳で胃がんを患い、療養のため55歳で退職を余儀なくされた。

「でも絶対再起しようと。それには資格だなと。すでに1級建築士など建築関係の資格は4つ持っていましたが、まだまだ足りないと思い、療養の合間に勉強を始めました」

 とはいえ、還暦目前。集中力も記憶力も若い頃に比べて落ちている。長く時間をかけても本番の時には最初に覚えたことを忘れてしまうと思い、「試験の6カ月前から勉強を始めることにしました。そして3カ月前から1日1問以上の試験問題を解くことを日課に。1級建築士を持っていたことで、国家資格の取り方のコツを知っていたのも幸いしましたね。結果的に5年間で、宅地建物取引士など3つの資格を取得することができました」。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  5. 5

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  6. 6

    安倍政権にGDPカサ上げ疑惑 600兆円達成へ統計38件イジる

  7. 7

    3月の侍J入りも辞退 巨人に“丸効果”ジワリで指揮官も賛辞

  8. 8

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  9. 9

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  10. 10

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

もっと見る