あらきゆうこ
著者のコラム一覧
あらきゆうこドラマー

CORNELIUS、秦基博、竹原ピストル、布袋寅泰、オノ・ヨーコら多数のアーティストのレコーディングセッションやライブに参加。MI―GU名義でオリジナルのリリースも。地元の鳥取県境港市のFISH大使として、音楽を通して山陰地方をつなぐ活動にも尽力している。

西新宿「ヘッケルン」で名物プリンとマスターの軽妙トーク

公開日: 更新日:

 あらっ! 行きつけの歯医者さんの近く! と分かった瞬間、すぐに足を運びました。ワタシの純喫茶巡りの師匠・難波里奈ちゃん(著書に「クリームソーダ 純喫茶めぐり」「純喫茶とあまいもの」など)に教えてもらってから、ずっと「行きたい!」と思っていた「ヘッケルン」です。

 地下鉄・虎ノ門駅から徒歩2分ほど。細い路地をのぞくと看板が見えます。中に入るとサイホンなどが所狭しと置かれたカウンターが目に入ります。ボックス席以外に「カウンターを向いて横並びで座れる」シートがあり、そこに腰を下ろしてコーヒーと名物ジャンボプリンのセット(600円)を注文。里奈ちゃんに「ヘッケルンにいるよ」とラインしました。

 すると店内の電話がリンリン。カウンターの奥で受話器を取ったマスターと目が合いました。そうです。里奈ちゃんが親切心で「大切な友達がお邪魔しています」と連絡してくれたのです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    無名俳優と電撃格差婚で 川栄李奈にのしかかる“ミルク代”

  2. 2

    川栄李奈が32歳の俳優と“授かり婚”で…今後の女優人生は?

  3. 3

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

  4. 4

    防衛大学校が受験者2250人も激減…蔓延する“いじめ”の実態

  5. 5

    習近平に隠し玉 レアアース禁輸で日本ハイテク産業大打撃

  6. 6

    立憲が参院東京選挙区で大バクチ 強気“2人擁立”は吉か凶か

  7. 7

    安倍政権が企む“年金改悪”のゴールは「80歳」での支給開始

  8. 8

    流出した細川ふみえのキャバ嬢時代写真を巡って直談判に

  9. 9

    85%が老後に腐心…50代から2000万円貯める40代の資金計画

  10. 10

    米国のファーウェイ潰し、かつて日本も同じ目に遭った

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る