あらきゆうこ
著者のコラム一覧
あらきゆうこドラマー

CORNELIUS、秦基博、竹原ピストル、布袋寅泰、オノ・ヨーコら多数のアーティストのレコーディングセッションやライブに参加。MI―GU名義でオリジナルのリリースも。地元の鳥取県境港市のFISH大使として、音楽を通して山陰地方をつなぐ活動にも尽力している。

終戦翌年創業「アメリカン」 大阪のド真ん中で王道を知る

公開日:  更新日:

 場所は、大阪の繁華街のド真ん中って言っていいですよね? 地下鉄のなんば駅から徒歩5分くらい。老舗の純喫茶「アメリカン」は、太平洋戦争が終わった翌1946年に創業されました。

 店内に入ると「ザ・昭和」テイストが満載。天井から独特の形状のシャンデリアがいくつも吊り下がり、2階にはゴージャスな造りのらせん階段を上っていきます。

 床にはカーペットが敷き詰められ、水玉色の椅子に座って店内をグルリ見渡すと絵画や生花が飾られています。レトロな色彩とモダンな装いが同居してるって感じかな。

 分厚いメニューの表紙には、大小の☆マークがちりばめられ、ドリンクにフードにスイーツまでメニューがたくさん。

 何を頼もうかなぁ……と悩むところですが、ショーケースが店の入り口や店内にあり、じっくりと吟味できるんですよね。

 ショーケースをのぞき込みながら「何にしようかな?」と迷っている時間って子供も大人も関係なく、本当に楽しくてワクワクしますよね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  4. 4

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  5. 5

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

もっと見る