お洗濯マイスター・山縣義文さんは家族の分まで毎日洗濯

公開日:

 ライオン「快適生活研究所」の山縣義文さん(59)は「お洗濯マイスター」として、さまざまなメディアで活躍。適切な洗濯の仕方を世に広める伝道師だ。

「入社以来、ずっと商品開発や基礎研究をしてきたので、一般のお客さまにどうお話しすればいいのか、当初はずいぶん戸惑いました」

 同社の「マイスター制度」は2011年7月にスタート。当初は、洗濯、オーラルケア、リビングケア、ヘルスケアの4分野に1人ずつ任命された。翌8月には「快適生活研究所」が設立。現在7人に増えたマイスターを中心として、消費者への情報提供のための実験・調査、広報活動などを行っている。

「専門用語は使えませんから、身近な別のものに例えなければなりません。例えば界面活性剤の構造については、マッチ棒を使って説明しています。頭薬の部分は水となじみやすく、軸の部分は油となじみやすい、だから水にも油にも溶けて汚れが落ちるんですよと。ですが今の小中学生にはマッチ棒と言ってもわからないので、マイクに置き換えて説明しています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る