これからが旬の牡蠣 自宅でおいしく楽しむコツをプロ伝授

公開日:

 10月も半ばを迎え、牡蠣(かき)好きにはたまらないシーズンだ。最近はオイスターバーが各地にできるようになり、一年を通して牡蠣を食べられるようになっているが、一番はこれからだろう。

 スーパーや魚屋でむき身の生食用を買ってくれば、それほど手間いらずだが、さて味つけや食べ方はどうするか。水産ジャーナリストの西潟正人氏におすすめを聞いた。

「牡蠣料理は、生でつるっと食べたり、焼いたりするのを除くと、クラムチャウダーやパスタ、コンフィなど西洋風のメニューが目立ちます。そういう料理は、今風にいえばインスタ映えしてよさそうですが、個人的には好きじゃない。イチオシは牡蠣飯と土手鍋です」 牡蠣飯は、米1合を茶わん3杯分として牡蠣を3つ。炊飯ジャーに好みの米の量で牡蠣を用意し、その分の水を張ったら、塩としょうゆを少々。あとは炊くだけだ。炊きあがってフタを開けると、磯の香りが食欲をバンバンそそる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  10. 10

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

もっと見る