インターンシップも超難関に 突破への学生の準備と能力

公開日: 更新日:

 企業の現場を体験するインターンシップは、就職活動の前哨戦。エンカレッジによると、現3年生の参加率は92%。インターンなしの就活はありえないのが現状だ。昨年から「1日型」が解禁されたこともあり、インターンの活用はさらに進むとみられる。しかし、売り手市場といっても、人気企業は超がつく狭き門。学生は、どんな準備をしているのか――。

 インターンには、1カ月くらいかけてみっちり現場を体験する「長期」と数日の「短期」、そして「1日型」があり、夏休みや冬休み、春休みに行われる。実施企業は1万3000社を超え、そのうち約8割が「1日型」だ。

 売り手市場だけに学生を確保すべく、高額報酬を出す企業もあるが、全体のわずか5%。学生に人気のサイバーエージェントも楽天も無報酬だ(遠方の参加者には、新幹線代や飛行機代、ホテル代などの補助がある場合も)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  3. 3

    アンジャ渡部の黒すぎる裏の顔 交際女性や後輩が続々暴露

  4. 4

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  5. 5

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  6. 6

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  7. 7

    会見はムダ…渡部建の芸能界復帰が絶対にあり得ない理由

  8. 8

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  9. 9

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

  10. 10

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

もっと見る