松野弘さん<4>「電通は人使いが荒い会社だったけど…」

公開日: 更新日:

 パイオニア入社は、1976年。当時、同社はハイファイオーディオ業界のトップ。海外進出も積極的だった。

「配属先は国際部アメリカ課でした。ここは花形部署で、現在のパイオニアの会長をしている小谷進氏は部下でした。アメリカにはスピーカーを作る工場があった。と同時に最大のマーケットで、カナダも含めて北米には1年に何度も出張に行かされた。入社早々でのカナダ出張では、チケットや宿の手配まで全部ひとりでやらされた。人使いが荒い会社だったなぁ。

 右も左も分からないトロントの町に着いてからも自力で取引先を訪ねた。モントリオールやバンクーバー出張でもそうだったけど、海外出張では鍛えられましたね。英語さえできれば何とかなるって。本当、度胸がつきました。給料は電通時代の半分に減ったけど、それはそれ。あの頃、たったひとりで北米で約30億の売り上げをあげてたんだから、やり甲斐はありました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  2. 2

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  3. 3

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  4. 4

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  5. 5

    宮内義彦のオリックスは「実は何か」が問われている

  6. 6

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

  7. 7

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  8. 8

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  9. 9

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  10. 10

    ドラ1候補・明石商中森の母が明かす プロ志望表明の舞台裏

もっと見る