千葉テレビ篠塚泉社長 山崎豊子作品に学ぶ平和主義の必然

公開日: 更新日:

「チバテレ」の略称で知られる「千葉テレビ」は関東を代表する独立系のローカル局だ。今年6月に社長に就任した篠塚さんは、営業畑が長く、若いころは東京支社まで往復2時間、電車に揺られて通勤していた。おかげで、そのころにかなりの数の本を読んだという。

「雑読でいろんな本を読みましたが、強いて好きな作家を挙げるとすれば山崎豊子さんですね。最初に読んだのは『二つの祖国』でしたが、最も印象に残っているのは『沈まぬ太陽』です。日航機墜落事故のときは、仕事で行く機会が多かった日本テレビさんのフロアで映像を見ていました。それを題材に山崎さんが小説を出されたので、夢中になって読みましたね。全5巻を一気に3週間ぐらいで読破したと思います」

 共感したのは、主人公の恩地元の生きざまだ。

「彼は、組合活動が原因で会社から拒絶されていましたが、恵まれない境遇に負けない人生を送っています。われわれメディアも、どんなことがあっても信念を曲げず、オピニオンはきちんと言っていかなければならない。私は記者経験がないので原稿を書いてということはやってきませんでしたが、信念をベースに、きちっと行動しようと心掛けています。山崎さんの小説は、戦争と社会に翻弄された人々の生きざまが手に取るように分かります。『運命の人』では沖縄戦のひめゆり学徒隊のみなさんの戦いを克明に描いていた。そういう小説を読むと、やはりメディアに携わる者は平和主義じゃなければならないって思うんですよね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  2. 2

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  3. 3

    「女子アナ好き」の性癖と合コン主催の太いタニマチ

  4. 4

    ジャニーズ退所・錦戸亮の争奪戦に名乗りを上げた大手プロ

  5. 5

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  6. 6

    ミスコン女王にも冷ややかな目…土屋炎伽を待つ不穏な未来

  7. 7

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  8. 8

    相葉が手紙朗読で早くも確約?「嵐」活動再開への温度差

  9. 9

    日本会議系に統一教会系…安倍新内閣はまるで“カルト内閣”

  10. 10

    1979年に渡辺プロを独立 森進一が受けた“森潰し”の圧力

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る