車いす男子テニスの英蘭ペアが試合で見せた戦友愛に大喝采

公開日: 更新日:

 障害を抱える世界中の退役兵士たちによって行われる国際スポーツ大会「インビクタス・ゲームズ」。今年は10月20~27日、オーストラリア・シドニーで行われたが、車いすの男子テニス・ダブルスの決勝で起きたハプニングが話題だ。

 傷病退役軍人支援の英慈善団体「ヘルプ・フォー・ヒーローズ」の公式サイト(10月22日付)によると、英国のポール・ゲストさんと、オランダのエドウィン・フルメッテンのペアが米国ペアと戦った試合で、そのゲームを取れば“英蘭ペア”の勝利が決まるという瞬間、会場の上空をヘリコプターが爆音を響かせて通過した。

 すると突然、ポールさんがパニックを起こし、サーブを打てなくなってしまったのだ。

 ポールさんは1987年、任務中に首と脊髄を負傷。PTSD(心的外傷後ストレス障害)に悩まされ、ヘリや飛行機のエンジン音を聞くと激しい不安感に襲われるようになったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セイン・カミュは事務所独立問題がこじれ芸能界から消えた

  2. 2

    台風被害はそっちのけ…安倍自民“無能幹部”の呆れた実態

  3. 3

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  4. 4

    森田健作知事 元タレントなのに災害対応で存在感ゼロの愚

  5. 5

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  6. 6

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  7. 7

    醜聞だらけ “火薬庫大臣”田中和徳の初入閣に地元もビックリ

  8. 8

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  9. 9

    汚染処理水発言で物議 何でも屋は農業や社会保障も実績0

  10. 10

    楽天平石監督の退任騒動とヤクルト小川監督辞任の“点と線”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る