曽我和弘
著者のコラム一覧
曽我和弘

大学卒業後、ゴルフ雑誌や米国医学雑誌の編集を経て、あまから手帖社に入社。一貫して雑誌畑を歩む。99年にクリエイターズ・ファクトリーを設立。食分野を中心に取材・執筆のほか、食文化の継承や食の流行を作ったりと多方面で活躍。JR大阪駅構内などの飲食店もプロデュース。駅ナカビジネスの仕掛け人とも呼ばれる。現在は大阪樟蔭女子大で講師も務め、関西食文化研究会座長でもある。

海幸旅館(洲本・由良)精が強い由良産・伊勢海老が食べ頃

公開日: 更新日:

 由良漁港で伊勢海老を食べてきたと話すと、「エッ!? 淡路島で伊勢海老が揚がるの?」と驚く人がいる。伊勢志摩がその主産地だからそう思うのも仕方ないが、実は房総から台湾までは生息域で、西太平洋沿岸と九州で取れても不思議ではない。ことに淡路島由良漁港で水揚げされる伊勢海老は質がいいと評判。有名料理人などは、それを狙って注文することがあるらしい。

「由良の伊勢海老は、精が強いといわれており、水槽に他産地の伊勢海老といっしょに入れておくと、由良の伊勢海老が全て食べてしまったなんて話がよくありますね」と海幸丸水産の橋本一彦さん。それくらい由良産は食欲旺盛。沖の餌場がいいからか、漁協で聞いても生命力はすごいという。

 由良では85歳になる老夫婦が伊勢海老漁を行っている。この夫婦がもはや達人で、60メートル下に網を落として伊勢海老を狙う。橋本さんによると、海の中の流れをうまく読んで取る技は誰もマネできないらしい。「うまくいけば、彼らが取った伊勢海老が出る日もありますよ」と橋本さんは自身が営む「海幸旅館」の伊勢海老づくしコースを紹介する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

  2. 2

    サザン時代の自分は地上2メートル上をフワフワ浮いていた

  3. 3

    “青汁王子”こと三崎優太氏のYouTubeでの主張に対する弊社の見解

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    ド派手実業家「青汁王子」のマズイ素顔…反社との関係発覚

  6. 6

    自民党総裁選で乱発 「共通の価値観」を唱和するお笑い

  7. 7

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  8. 8

    草刈正雄 コロナ禍で考えた家族と仕事「後悔ないように」

  9. 9

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  10. 10

    ハナコ岡部が朝ドラで評価上昇 “ライバル”はハライチ澤部

もっと見る