曽我和弘
著者のコラム一覧
曽我和弘

大学卒業後、ゴルフ雑誌や米国医学雑誌の編集を経て、あまから手帖社に入社。一貫して雑誌畑を歩む。99年にクリエイターズ・ファクトリーを設立。食分野を中心に取材・執筆のほか、食文化の継承や食の流行を作ったりと多方面で活躍。JR大阪駅構内などの飲食店もプロデュース。駅ナカビジネスの仕掛け人とも呼ばれる。現在は大阪樟蔭女子大で講師も務め、関西食文化研究会座長でもある。

海幸旅館(洲本・由良)精が強い由良産・伊勢海老が食べ頃

公開日: 更新日:

 由良漁港で伊勢海老を食べてきたと話すと、「エッ!? 淡路島で伊勢海老が揚がるの?」と驚く人がいる。伊勢志摩がその主産地だからそう思うのも仕方ないが、実は房総から台湾までは生息域で、西太平洋沿岸と九州で取れても不思議ではない。ことに淡路島由良漁港で水揚げされる伊勢海老は質がいいと評判。有名料理人などは、それを狙って注文することがあるらしい。

「由良の伊勢海老は、精が強いといわれており、水槽に他産地の伊勢海老といっしょに入れておくと、由良の伊勢海老が全て食べてしまったなんて話がよくありますね」と海幸丸水産の橋本一彦さん。それくらい由良産は食欲旺盛。沖の餌場がいいからか、漁協で聞いても生命力はすごいという。

 由良では85歳になる老夫婦が伊勢海老漁を行っている。この夫婦がもはや達人で、60メートル下に網を落として伊勢海老を狙う。橋本さんによると、海の中の流れをうまく読んで取る技は誰もマネできないらしい。「うまくいけば、彼らが取った伊勢海老が出る日もありますよ」と橋本さんは自身が営む「海幸旅館」の伊勢海老づくしコースを紹介する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セイン・カミュは事務所独立問題がこじれ芸能界から消えた

  2. 2

    台風被害はそっちのけ…安倍自民“無能幹部”の呆れた実態

  3. 3

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  4. 4

    森田健作知事 元タレントなのに災害対応で存在感ゼロの愚

  5. 5

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  6. 6

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  7. 7

    醜聞だらけ “火薬庫大臣”田中和徳の初入閣に地元もビックリ

  8. 8

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  9. 9

    汚染処理水発言で物議 何でも屋は農業や社会保障も実績0

  10. 10

    楽天平石監督の退任騒動とヤクルト小川監督辞任の“点と線”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る