曽我和弘
著者のコラム一覧
曽我和弘

大学卒業後、ゴルフ雑誌や米国医学雑誌の編集を経て、あまから手帖社に入社。一貫して雑誌畑を歩む。99年にクリエイターズ・ファクトリーを設立。食分野を中心に取材・執筆のほか、食文化の継承や食の流行を作ったりと多方面で活躍。JR大阪駅構内などの飲食店もプロデュース。駅ナカビジネスの仕掛け人とも呼ばれる。現在は大阪樟蔭女子大で講師も務め、関西食文化研究会座長でもある。

華うさぎ(南船場)店名を冠した丼は来店者の3分の2が注文

公開日: 更新日:

 南船場にある小さな割烹「華うさぎ」、夜のメニューが5400円のおまかせコースのみというシンプルさ。理由は三浦貴之さんが一人で営むために、あれこれ注文されても対応できないかららしい。「なのでリーズナブルなコースを一つだけ提供している」と話す。内容は材料で替わるらしく、日々同じではない。付き出し、造り、煮物、焼き物、天ぷら、食事、デザートと本格仕様で、「この内容ならかなりお得」と通いつめるサラリーマンが多いようだ。

 本町・心斎橋界隈で働いている人たちに人気なのが同店の昼メニュー。おさかな定食(950円)などの定食類と丼物が中心だが、そのうち店名を冠した華うさぎ丼(600円)は、来店者の3分の2が注文するほど。

「当初はワンコインランチとして売り出したのですが、物価高騰のあおりを受けて100円だけ値上げしました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  2. 2

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  3. 3

    「集団左遷」初回13.8%も…福山雅治“顔芸”への違和感

  4. 4

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  5. 5

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  6. 6

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  7. 7

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

  8. 8

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  9. 9

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  10. 10

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る