曽我和弘
著者のコラム一覧
曽我和弘

大学卒業後、ゴルフ雑誌や米国医学雑誌の編集を経て、あまから手帖社に入社。一貫して雑誌畑を歩む。99年にクリエイターズ・ファクトリーを設立。食分野を中心に取材・執筆のほか、食文化の継承や食の流行を作ったりと多方面で活躍。JR大阪駅構内などの飲食店もプロデュース。駅ナカビジネスの仕掛け人とも呼ばれる。現在は大阪樟蔭女子大で講師も務め、関西食文化研究会座長でもある。

華うさぎ(南船場)店名を冠した丼は来店者の3分の2が注文

公開日:

 南船場にある小さな割烹「華うさぎ」、夜のメニューが5400円のおまかせコースのみというシンプルさ。理由は三浦貴之さんが一人で営むために、あれこれ注文されても対応できないかららしい。「なのでリーズナブルなコースを一つだけ提供している」と話す。内容は材料で替わるらしく、日々同じではない。付き出し、造り、煮物、焼き物、天ぷら、食事、デザートと本格仕様で、「この内容ならかなりお得」と通いつめるサラリーマンが多いようだ。

 本町・心斎橋界隈で働いている人たちに人気なのが同店の昼メニュー。おさかな定食(950円)などの定食類と丼物が中心だが、そのうち店名を冠した華うさぎ丼(600円)は、来店者の3分の2が注文するほど。

「当初はワンコインランチとして売り出したのですが、物価高騰のあおりを受けて100円だけ値上げしました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る