岩手・夏油温泉「元湯夏油」 うら寂しさがいい“疝気の湯”

公開日: 更新日:

 今年の9月、秋田自動車道北上西ICを降りた私たち親子は焦っていました。目指す温泉まで約30分。日没間近です。

 日が完全に暮れると、暗くて露天風呂の写真が撮れません。私たちは入浴するだけでなく、写真に残すことも使命にしています。

 なので私たちの温泉めぐりは時間との勝負。浴室のドアを開けた瞬間プーンと塩素臭が漂ってくるようなお風呂はサッサと上がって次に向かいます。ただし、コレぞ(!)という温泉は心ゆくまで味わうのがモットー。そういう時は、お互い何も言わなくても入った瞬間アイコンタクトで分かります。ダテに15年一緒に回ってませんからね。

 さて、何とか日没前にたどり着いたのが夏油温泉の「元湯夏油」さん。2012年、19歳の時にテレビ番組のロケでお邪魔して以来です。実はこちら、初めてサインを書かせていただいたお宿。訪ねたらまだ張って下さっていて感動しました(超うれしい~!)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  2. 2

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  3. 3

    大野智は謝罪…新生ジャニーズはタレントの恋愛問題にどう対応

  4. 4

    1ドル130円の円安地獄がまねく狂乱物価で庶民の懐は火の車

  5. 5

    あざとい“方言パフォーマンス”に透けて見える自信のなさ

  6. 6

    東京五輪男子マラソン“第3の男” 大迫と設楽は今後どう動く

  7. 7

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  8. 8

    「出欠の返事ない人は椅子と食事持参で」の招待状が大ウケ

  9. 9

    東京五輪マラソン“最後の1枠”を決めるMGCはこんなに不公平

  10. 10

    二宮は3億円豪邸で事実婚 ジャニーズ“結婚ラッシュ”突入か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る