岩手・夏油温泉「元湯夏油」 うら寂しさがいい“疝気の湯”

公開日: 更新日:

 今年の9月、秋田自動車道北上西ICを降りた私たち親子は焦っていました。目指す温泉まで約30分。日没間近です。

 日が完全に暮れると、暗くて露天風呂の写真が撮れません。私たちは入浴するだけでなく、写真に残すことも使命にしています。

 なので私たちの温泉めぐりは時間との勝負。浴室のドアを開けた瞬間プーンと塩素臭が漂ってくるようなお風呂はサッサと上がって次に向かいます。ただし、コレぞ(!)という温泉は心ゆくまで味わうのがモットー。そういう時は、お互い何も言わなくても入った瞬間アイコンタクトで分かります。ダテに15年一緒に回ってませんからね。

 さて、何とか日没前にたどり着いたのが夏油温泉の「元湯夏油」さん。2012年、19歳の時にテレビ番組のロケでお邪魔して以来です。実はこちら、初めてサインを書かせていただいたお宿。訪ねたらまだ張って下さっていて感動しました(超うれしい~!)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  2. 2

    山口達也容疑者の飲酒事故がTOKIO松岡の仕事に影を落とす

  3. 3

    巨人V2でも嵐のオフ リストラ人員増、FA獲得に40億円捻出

  4. 4

    組閣から10日 身体検査できず新大臣3人にスキャンダル噴出

  5. 5

    「ふざけんなよ」と思いながら渋々従ったボビー監督の指令

  6. 6

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  7. 7

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  8. 8

    入れ墨は50歳になってからがいい?全身タトゥーで美を追求

  9. 9

    和田アキ子が冠番組で大ポカ…晩節汚し石田純一の二の舞に

  10. 10

    菅野と涌井にも異変 コロナで試合減も投手の肘は崩壊寸前

もっと見る