5000種類食べ尽くした 「土産銘菓」達人が選んだ至高の5品

公開日:  更新日:

 その土地で名の知れた銘菓は、調理せずにすぐ食べられる手軽さもあり、お土産の定番だ。日本人のお土産の8割が銘菓だといわれている。

 旅行作家歴40年の中尾隆之さんは、全国の「土産銘菓」を知り尽くす。これまでに吟味した数は5000種類近い。その中から、100種類を選りすぐった「日本百銘菓」(NHK出版新書)を今年7月に上梓した。

 2007年にテレビ東京系「TVチャンピオン」の全国お土産銘菓通選手権で優勝。最近ではTBS系「マツコの知らない世界」にも出演するなど、自他ともに認める日本一の銘菓通だ。

「銘菓には3つの“柄”があります。土地柄、季節柄、人柄です。これらが色濃く出ているものが良いですね。郷土料理は持って帰れませんが、銘菓ならその土地で味わった旅の醍醐味を持ち帰れますから」

 銘菓を求めて、週末旅してみるのも良さそう。オススメ銘菓5つを教えてもらった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  10. 10

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

もっと見る