広瀬哲朗さん 蒲原名産の桜えびだけで作る絶妙なかき揚げ

公開日: 更新日:

 一塁への果敢なヘッドスライディング、眼鏡にスキンヘッドのユニークな容貌で知られ、日本ハムの名物男だった広瀬哲朗さん。98年に現役を引退後は野球解説者、タレントとしても活躍し、現在は体育指導のスタートラインが運営する品川・大崎にある教室で幼児から小学生向けの野球指導を行っている。

 出身は東海道の宿場町があった旧蒲原町(現・静岡市清水区)。子どもの頃から野球に親しみ、中学時代は歌手の久保田利伸が後輩(2学年下)でバッテリーを組んでいたというから、奇縁だ。

「僕が投手、利伸が捕手でした。八百屋つながりなんです。利伸の家は今も八百屋でうちは祖父がやっていた。子どもの頃から家族ぐるみの付き合いでした」

 地元では有名な野球少年だった広瀬少年は地元の名門校からも誘われたが、父・清隆さんと担任の教師がモメ、学区外の富士宮北高に進学。自宅から高校までは車で片道2時間弱の道のりだった。NTTの社員だった清隆さんが帰りは毎日迎えに行ったというから、親子の絆の深さはいかばかりか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  3. 3

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  4. 4

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  7. 7

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  8. 8

    死者・重症者が8月急増「9月が怖い」の声と安倍首相の無策

  9. 9

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  10. 10

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

もっと見る