岡野雅行さんの屈強な肉体は「つゆだく鶏そぼろ」のおかげ

公開日: 更新日:

 20年前、サッカー日本代表をW杯初出場に導いたFW岡野雅行さん(46)。現在は現役最後に所属したガイナーレ鳥取の代表取締役GMを務め、ロシアW杯ではテレビ解説でも活躍した。サッカーを始めたのは小学校入学前、両親に地元・横浜のクラブに入れられたことがきっかけだった。

「一人っ子で、テニスをやっていた母の友だちの子供と遊ぶことが多かったのですが、女の子ばっかりでね。男の子の輪に入るのは怖かったので、心配した両親がサッカークラブに無理やり入れたんです。泣きながら連れて行かれたのを覚えています」

 書家で“昭和の三筆”のひとりとして知られる、手島右卿の長女の母・たみ子さん(78歳)も教育熱心で書道、野球、水泳、テニスも習ったが、夢中になったのはサッカー。

 堅実な公務員や書道など芸術で身を立てる親戚が多かったが、「好きなことはとことんやれ」が両親の教育方針。父はコーチ、母は審判の資格を取得し、息子をサポートした。食卓での話題はサッカー、そんな時のおやつは煮干しだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  2. 2

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  3. 3

    死骸で発見のジュゴンは…辺野古埋め立てで行方不明だった

  4. 4

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  5. 5

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  6. 6

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  7. 7

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  8. 8

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  9. 9

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  10. 10

    ルノーと三菱グループ急接近か 日産含む“3社統合”への思惑

もっと見る