【焼き丹波しめじとじゃこおろしと三つ葉の土佐酢和え】まろやかな酸味

公開日: 更新日:

 土佐酢とは、かつお節でとった出汁と薄口醤油を酢に加えたもの。土佐がかつおの名産地であることから名付けられた。

「しめじはある程度大きさのあるものの方が歯ごたえがあります。うちでは丹波しめじを使っていますが、普通のしめじでも大丈夫です。それに、じゃこおろしと、三つ葉を和えました」

 ジャンルでいえば酢の物になるが、土佐酢だと酸味もまろやか。大ぶりの丹波しめじはシャキシャキとした食感で苦味もなく、きのこのうま味もつまっている。

「先代の父は『好きなことをやっていいんだぞ』と言ってくれていました。とはいえ小さい頃から父の背中を見て育ったので、いずれは店を継ぎたいと思っていました。修業に出た京都では、知識も技術も、いろんなことを教わり、本当に勉強をさせてもらいましたね。おやっさん(師匠)が白といえば黒も白の世界。小部屋でお説教を頂戴することもありましたね(笑い)」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  2. 2

    NHK「おちょやん」が不人気 話題にもならないのはなぜか

  3. 3

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

  4. 4

    明日海りお「おちょやん」で再出演はナシ…宝塚ファン悲鳴

  5. 5

    五輪開会式までに「国内コロナ死者累計2万人」の驚愕試算

  6. 6

    「おかえりモネ」清原果耶にかかる重圧…前作大苦戦の連鎖

  7. 7

    インド変異株拡大へ秒読み…連絡つかない入国者は1日300人

  8. 8

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  9. 9

    「ドラゴン桜2」若手は粒ぞろい “第2の長澤まさみ”が現れるか

  10. 10

    インドで新たな変異株が!初期変異株より感染力15倍の衝撃

もっと見る