【焼き丹波しめじとじゃこおろしと三つ葉の土佐酢和え】まろやかな酸味

公開日:

 土佐酢とは、かつお節でとった出汁と薄口醤油を酢に加えたもの。土佐がかつおの名産地であることから名付けられた。

「しめじはある程度大きさのあるものの方が歯ごたえがあります。うちでは丹波しめじを使っていますが、普通のしめじでも大丈夫です。それに、じゃこおろしと、三つ葉を和えました」

 ジャンルでいえば酢の物になるが、土佐酢だと酸味もまろやか。大ぶりの丹波しめじはシャキシャキとした食感で苦味もなく、きのこのうま味もつまっている。

「先代の父は『好きなことをやっていいんだぞ』と言ってくれていました。とはいえ小さい頃から父の背中を見て育ったので、いずれは店を継ぎたいと思っていました。修業に出た京都では、知識も技術も、いろんなことを教わり、本当に勉強をさせてもらいましたね。おやっさん(師匠)が白といえば黒も白の世界。小部屋でお説教を頂戴することもありましたね(笑い)」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  8. 8

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る