【さざえ壷焼き】磯とかつおの挟み撃ち

公開日:

 焼いているときから磯の香りが漂い、食欲をそそられる。熱々のさざえを頬張ると、コリコリとした食感に、かつお節を含んだだしがジュワッと口の中に広がる。

「コツさえつかめば、だれでも簡単に身を取り出すことができます」

 あまりの熱さに手で持てず、“身はがれ失敗”なんてことがあるが……。

「蓋の端の隙間が緩んでいるところにスプーンなどの柄をさしておき、クルッと回しながら身を引き上げて下さい。慣れれば簡単です。取り出した身は適度な薄さに切り、かつお節を挟んで、肝も混ぜて貝に戻して下さい」

 磯とかつおで香りが挟み撃ちされているのだから、ウマくないわけがない。焼きながらだしを少しずつかけていくと、さざえとだしがグツグツと踊りだす。

「だしは醤油と酒で作ってみてください。醤油だけの時と、また一味違いますから。うちではおひとりずつお出ししますが、ご家庭ではカセットコンロに網を敷いて、いくつも並べるといいですね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  8. 8

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る