【里芋そば】千切りしたニンジンの食感に仕上げる

公開日:

 里芋というと、煮っころがしが定番だろう。ほっくりとしたあの食感も悪くないが、時にはサッパリと仕上げてみよう。それが、この一皿。その名の通り、見た目はそばそのものだ。

「里芋をかつら剥きして、そば状に切りそろえたら、好みのそばつゆと一緒に茹でるだけ。食感を残すのが、おいしく仕上げるコツ。ポイントは、そこだけですね」

 一口いただくと、シャキッとした歯ごたえがいい。たとえるなら、サラダに使う千切りのニンジンやリンゴの食感に近いかもしれない。食べ慣れたねっとりとした食感とはまるで違う。

「かつら剥きしたら、海水くらいの濃度(3%程度)の塩水に10分ほど浸しておくと、ぬめりが取れます。それで、里芋がしんなりするので、茹でるのはサッとでいい」

 食べるときは、温かいままでもよし、冷やしでもよし。そのときの気分に応じて食べ分けるといい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る