田丸昇
著者のコラム一覧
田丸昇

1950年5月5日、長野県東御市生まれ。元日本将棋連盟理事。中学生で奨励会入りし、佐瀬勇次名誉九段の門下生となる。長髪から「ライオン丸」というニックネームで知られた。16年10月に現役引退。近著に「名棋士の対局に学ぶ 詰め&必死」(創元社)がある。

藤井七段の快進撃 AI将棋ソフトの思考超えた驚愕の読み筋

公開日: 更新日:

 高校生棋士の藤井聡太七段(15)は、今年も公式戦で快進撃を続けている。

 順位戦でC級1組に昇級、朝日杯将棋オープン戦で優勝、竜王戦で連続昇級の実績によって、2月から5月にかけて四段から七段までに昇段した。

 藤井の将棋は、序盤の戦術に明るい、中盤の攻防バランスが良い、終盤の寄せが鋭い、などと完成度が高い。最近はさらに進化している。

 第1図は、竜王戦の5組ランキング戦決勝の藤井七段と石田直裕五段(29)の対局の終盤の局面。石田が先手7二銀の飛車金取りを打って迫ったところ。

 実戦は第1図から、後手8六飛先手8七歩後手7六飛先手7七歩後手同飛成(第2図)と進んだ。

 後手8六飛に先手6三銀成は、後手8八角先手同金後手6八金先手同玉後手8八飛成以下の詰みがある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    柔道金メダリスト内柴正人さん 第2の人生は“銭湯のオヤジ”

  2. 2

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    東出昌大は離婚で“焼け太り” 映画出演での快進撃が始まる

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  7. 7

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    都会に住むとわからない…地方の“新型コロナ差別”の実態

  10. 10

    長谷川博己も沈黙…撮影再開「麒麟がくる」はまるで“通夜”

もっと見る