【ブリの生寿司ゆずコショウ和え】濃厚な脂がサッパリと

公開日:

 寒ブリは、真冬の海の幸の王様。富山の氷見産となると、1本何十万円もする超高級魚。腹にたっぷりと蓄えた上質の脂が、ブリを味わう醍醐味で、刺し身はもちろん、しゃぶしゃぶや照り焼きなど調理法を選ばないのも人気の秘密か。そこで一工夫するのも面白いだろう。

「シメサバと同じ要領でブリを塩と酢で締めて、食感を軽く仕上げるのです」

 半身のシメサバを作るとなると、塩と酢で、それぞれ3時間以上締めなくてはならない。けっこうな手間だが、生寿司ならそれぞれ20分ずつ。塩で締めている間に風呂でも入れば、ゴールはもうすぐだ。

「塩はサクにまんべんなく振って、酢はサクがひたひたになるくらいが目安です」

 土佐酢は水や酢、薄口醤油、みりん、昆布などで作るが、イチから用意するのは大変。そこは市販の土佐酢でOKだ。写真のような3切れほどの小鉢なら、大さじ1杯ほど。それを少々のゆずコショウと鬼おろしと合わせればいい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  8. 8

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る