【サケの雪中焼き】濃厚なクリームチーズが味の決め手

公開日:

 メニューの名前は間違いなく和食だが、見た目は洋食のような仕上がりだ。箸でほぐして口に運ぶと、山芋のコクの深さとサケとの相性の良さに驚いた。なるほど、豊かなコクを生み出していたのはクリームチーズだったのか。

「クリームチーズは意外と和食に合うんです。今回は雪中焼きの具にシメジやシイタケ、ニンジンなどで彩りをプラスしましたが、面倒なら山芋とクリームチーズだけで十分です」

 チーズのコクとサケの濃厚なウマ味はパンチがあるので、酒は日本酒や焼酎、ワインなど幅広く合う。

「今回はサケで作りましたが、サーモンでもいいし、タラなど淡泊な白身にも合います」

 手間は山芋をすりおろす程度。いろいろな魚で試してみて好みを探してみよう。

 酒の肴はもちろん、おかずになる。子供も喜ぶこと間違いナシだ。子供が味をしめたら、きっとおねだりされるようになる。これで一杯やるときは、家族の分もまとめて用意した方が落ち着いて晩酌できる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る