島根県海士町は半農半漁生活と「管理台帳」で糖尿病撃退

公開日: 更新日:

 日本海に浮かぶ隠岐諸島のひとつ、中ノ島にある海士町は自然の恵みが豊富だ。シマメと呼ばれるスルメイカに白イカ、サザエ、ひおうぎ貝がとれるほか、牡蠣の養殖も盛んで、米や野菜も地元産が食卓に並ぶ。半農半漁の自給自足の島だ。

 海士町の生活環境は、1990(平成2)年から本格化した糖尿病対策に大いに役立っているという。

「海士町にUターン、Iターンした方の中には、こちらに来てから糖尿病の数値が改善したという人もいらっしゃいます。糖尿病には、これを食べてはいけないとか、これを食べた方がいいというものはありません。朝昼晩と規則正しくバランスよく食事をするのが大切。この島にはコンビニもありませんし、食生活は自然と昔ながらのものになります。それが大きいのかもしれませんね」(海士町健康福祉課の担当者)

 地元で取れた農産物や海産物を毎日、毎食、当たり前のように食べて暮らす。添加物が盛りだくさんの弁当や総菜、甘~いお菓子、ジャンクフードに目が奪われることもない。夜に出歩く機会は減り、自然と早寝早起きになる。糖尿病患者にとって理想的な環境だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  4. 4

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  5. 5

    坂上忍では微妙…関西人が納得する上沼恵美子“後釜”の名前

  6. 6

    分科会に浮上「Go To トラベル」前倒し実施に重大瑕疵疑惑

  7. 7

    “東京進出組”2人のMC 石井亮次にあって宮根誠司にないもの

  8. 8

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  9. 9

    阪神藤浪を殺す梅野の怯懦 巨人相手に5回まで1失点も3連敗

  10. 10

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

もっと見る