嘉門タツオ
著者のコラム一覧
嘉門タツオシンガーソングライター

▽1959年3月、大阪・茨木市生まれ。高校在学中に笑福亭鶴光師匠に入門(後に破門)、ギター片手にライブ活動を始め、83年「ヤンキーの兄ちゃんのうた」でデビュー。「鼻から牛乳」「替え唄メドレーシリーズ」などヒット曲多数。33枚目のアルバム「HEY!浄土~生きてるうちが花なんだぜ~」発売中。食べログの「グルメ著名人」のコーナーが人気。年末年始に大阪・東京・名古屋でツアーを行う。

オリーヴァ(学芸大学)シンプルな料理にはシェフの哲学が

公開日: 更新日:

 学芸大学駅至近にある「地中海食堂オリーヴァ」。萩原シェフとは長い付き合いで、僕らは彼のことを「ハギー」と呼んでいる。2001年から9年間続いた伝説のリストランテ、赤羽橋の「カメレオン」で一世を風靡。毎月メニューを替え続けたが、レシピは存在せず、すべてシェフの頭の中にあった。

 僕もその時代に彼と出会い、その独特な存在感と魔法のように供される13品のコースのとりこになった。それだけに、絶好調の最中、突然のクローズはショックだった。理由を聞いたら、「疲れちゃった」とのこと。いちいちアーティスティックなのだ。

 19歳の時から、まだ珍しかった青山の高級イタリアンで修業。その後、単身イタリアへ渡り、トップクラスの店からリゾート地のリストランテまで渡り歩き、各地で「面白い東洋人が来た」と珍しがられ重宝された。帰国後、青山の「エル・トゥーラ」で8年腕を振るう。この頃、「料理の鉄人」などのテレビで名を売った。店のクローズに伴い、立ち上げたのが「カメレオン」だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    出演番組が不発…東山紀之が背負う“ジャニーズ幹部”の重圧

  2. 2

    激化する自民党「内部抗争」田畑“ゲス”議員の離党で火に油

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  5. 5

    ジャニーズ事務所<2>アイドルも経営陣も世代交代の転換期

  6. 6

    都Fが公明を突然裏切り…都議会与党ついに「分裂」の裏側

  7. 7

    栗山監督が上機嫌で 日ハム輝星「開幕3戦目先発」に現実味

  8. 8

    賃金偽装 厚労省キーマン「官邸の圧力」否定は矛盾だらけ

  9. 9

    ジャニーズ事務所<1>スキを見せない「帝国」に生じた軋み

  10. 10

    「きっかけは私」島袋寛子が匂わせたSPEED解散“複雑理由”

もっと見る