西潟正人
著者のコラム一覧
西潟正人

魚の伝道師。東京海洋大海洋生命科学部非常勤講師(魚食文化論)。

5分ほど生茹した熱々のマダコを塩とコショウで食べる贅沢

公開日: 更新日:

「真ダコ」と書いてマダコは、北関東以南に広く分布する。三陸沖以北は巨大なミズダコやヤナギダコの天下だ。

 西アフリカなどから大量に輸入されるタコもマダコと値札に書かれることから、日本産のマダコは「地ダコ」と呼ばれるようになった。

 水産加工場へ行くと、地ダコは熱湯で茹で上げるボイル式で、漁港から生きたまま運ばれる。輸入ダコは、より高温で蒸し上げるスチーム式。冷凍輸入された塊が、セメント袋のように山積みされていた。

「マダコは、日本周辺の固有種である」(東京海洋大学・土屋光太郎准教授)

 それが最近分かってきた。同じマダコとして輸入ダコを食べていては、もったいないだろう。

 タコ類は、一般に生きたまま売られることはない。マダコは茹でダコ、ミズダコなら食紅で色づけされた酢ダコに加工される。ところが、マダコは堤防でも釣れることがある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  2. 2

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  3. 3

    江角、滝クリ、国仲…“22歳差婚”武田真治の華麗なモテ遍歴

  4. 4

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  5. 5

    コロナ利用の自分ファースト “女帝”圧勝の内幕と今後<前>

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    緊急寄稿・石井妙子 小池再選を生んだメディアの忖度気質

  8. 7

    木下優樹菜が活動再開から1週間足らず…芸能界引退の真相

  9. 8

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  10. 9

    ヤクザ役で活躍「ピラニア軍団」故・志賀勝さんの強面伝説

  11. 10

    12時間以上粘り一八の話を聞き出すも…やっさんが顔に水を

もっと見る