長崎の伝統工芸“三川内焼”と“波佐見焼”の陶器を見比べる旅

公開日: 更新日:

繊細な染め付けの三川内焼

 三川内焼は、光を通すほど薄く削る「卵殻手」、格子柄や花弁が鮮やかな「透かし彫り」「菊花飾り細工」「置き上げ」などの細工技術、そして美しく繊細な染め付けが特徴的だ。17世紀初頭に平戸藩の中野で始まり、そのあと、三川内に移された。

「三川内焼の染め付けは、白磁に細い筆先で線を描き、濃(ダミ)と呼ばれるぼかしをほどこします。昔は天然の呉須(顔料のこと)で色の変化をつけていましたが、今は天然は手に入らず、海外から取り寄せています。それによって窯ごとの特色が表れます」

 訪れた「平戸松山」の中里月度務さんが説明してくれた。この松山窯では江戸時代以来、三川内焼を代表する「唐子」の器を作り続けてきた。伝統的な「献上唐子」、現代風にアレンジした「創作唐子」がそろう。可愛らしい唐の子供たちを見ていると、あれもこれも欲しくなってしまい困った。絵柄の異なる創作唐子の器や片口を購入。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    衆院補選10年ぶり敗戦濃厚で 甘利選対委員長に「責任論」

  3. 3

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  4. 4

    白鵬は厳罰不可避か 春場所の“三本締め”に八角理事長激怒

  5. 5

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  6. 6

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  7. 7

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  8. 8

    投手陣崩壊…広島“沈没”は2年前のドラフトから始まった

  9. 9

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  10. 10

    中日・根尾は大学を経てからのプロ入りでもよかったのでは

もっと見る