東京から70分 静岡県富士市で生しらすや自然散歩を楽しむ

公開日: 更新日:

 東京から70分。新富士駅に降り立つと、手が届きそうなほど大きな富士山を望むことができる。富士市内を移動中は美しい景色に出合えるのがうれしい。

 富士市の名産といえばしらすだ。駿河湾の最北に位置する「田子の浦しらす」の漁場は、富士山の雪解け水や南アルプスの栄養分が集まっているという。

「田子の浦港漁協食堂」では新鮮なしらす丼を食べることができるが、少し早起きして出漁を見るのがオススメだ。

「ふじのくに 田子の浦みなと公園」(富士市前田地先)内の富士山ドラゴンタワーに登る。富士山の100分の1の高さ37・76メートルの頂点からは、港の先に富士山、宝永山、二ツ塚が望める。日の出とともに漁船が一斉に出発し、ボートレースのように先を競って狙ったポイントまで走る様子は、見応えたっぷりだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    衆院補選10年ぶり敗戦濃厚で 甘利選対委員長に「責任論」

  3. 3

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  4. 4

    白鵬は厳罰不可避か 春場所の“三本締め”に八角理事長激怒

  5. 5

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  6. 6

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  7. 7

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  8. 8

    投手陣崩壊…広島“沈没”は2年前のドラフトから始まった

  9. 9

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  10. 10

    中日・根尾は大学を経てからのプロ入りでもよかったのでは

もっと見る