西潟正人
著者のコラム一覧
西潟正人

魚の伝道師。東京海洋大海洋生命科学部非常勤講師(魚食文化論)。

身が豊富なメイタガレイは煮つけでも干物でも食べ応えあり

公開日: 更新日:

 両目の間に硬い骨質板がある「メイタガレイ」は、漢字で「目板鰈」と書く。水深数十メートルの砂泥底にいて、体長は15センチほど。ウロコがなく、つかみどころのないヌメリに下魚扱いされることもある。しかし、小さくても肉厚だ。近年は、高級魚の仲間入りをするのも、うなずける。

 間違えやすいカレイの仲間に、「ナメタガレイ」がいる。別称を「ババガレイ」と言ってヌメリはさらに強い。どちらもふっくらとした身質で、軟らかい甘味が身上だ。

 メイタガレイは、魚屋に一匹丸ごと並ぶ。刺し身もいけるが、煮つけ用に適した大きさなのだろう。店によっては、エラと内臓を外し、下ごしらえを済ませてある。精彩に欠けるのは、ヌラリとした表面の濃い色がヌメリと一緒に洗い落とされているからだ。

 輝きの失せたメイタガレイは、安っぽい魚にしか見えない。目に飛び込む鮮度は色にもあるわけだから、煮魚だって持ち味の“色”は残したい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  3. 3

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  4. 4

    ロンブー淳が明かす「山本太郎に口説かれたこともある」

  5. 5

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  6. 6

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

  7. 7

    元ワンギャル須之内美帆子さんがマレーシアに移住したワケ

  8. 8

    加藤浩次「スッキリ」3月に自主降板か MC後任に山里亮太説

  9. 9

    文春砲で改名を余儀なくされた元・羽生ゆずれないさんは今

  10. 10

    主軸周辺で仕事きっちり G亀井アラフォー年俸1億円あるか

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る