西潟正人
著者のコラム一覧
西潟正人

魚の伝道師。東京海洋大海洋生命科学部非常勤講師(魚食文化論)。

身が豊富なメイタガレイは煮つけでも干物でも食べ応えあり

公開日: 更新日:

 両目の間に硬い骨質板がある「メイタガレイ」は、漢字で「目板鰈」と書く。水深数十メートルの砂泥底にいて、体長は15センチほど。ウロコがなく、つかみどころのないヌメリに下魚扱いされることもある。しかし、小さくても肉厚だ。近年は、高級魚の仲間入りをするのも、うなずける。

 間違えやすいカレイの仲間に、「ナメタガレイ」がいる。別称を「ババガレイ」と言ってヌメリはさらに強い。どちらもふっくらとした身質で、軟らかい甘味が身上だ。

 メイタガレイは、魚屋に一匹丸ごと並ぶ。刺し身もいけるが、煮つけ用に適した大きさなのだろう。店によっては、エラと内臓を外し、下ごしらえを済ませてある。精彩に欠けるのは、ヌラリとした表面の濃い色がヌメリと一緒に洗い落とされているからだ。

 輝きの失せたメイタガレイは、安っぽい魚にしか見えない。目に飛び込む鮮度は色にもあるわけだから、煮魚だって持ち味の“色”は残したい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  3. 3

    <1>管理職には“小池リスク”…誰もが潰され使い捨てられる

  4. 4

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  5. 5

    不正販売で処分の「かんぽ生命」が受け継いだ磯田イズム

  6. 6

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  7. 7

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  8. 8

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  9. 9

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  10. 10

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

もっと見る