【ポークのしょうが焼き】粗みじんのしょうがをたっぷりと

公開日: 更新日:

 しょうが焼きの香りというのは、なぜこうも食欲をそそり、酒欲をかき立てるのか。食堂で、酒場で、誰かが頼んだが最後、そんなつもりはなくても、連鎖反応的に「しょうが焼き」と口をついて出てしまう。「パロル」のお客もご多分にもれず。

「“ごはんやパロル”のときからの人気メニューです。ウチのしょうが焼きは分厚いのが自慢で、しょうがの量もたっぷり。すりおろしではなく粗くみじん切りにしてトッピングしてしまいます」

 幅1センチはあろうかというしょうが焼きは、ポークソテーかステーキかといった迫力。このたたずまいと甘辛ソースには、ビールでも日本酒でもなく、赤ワインがしっくりくる。爽やかなしょうがの香りはもちろん、シャキシャキとした食感も小気味いい。ふっくらジューシーな焼き加減も絶妙だ。

「焼くときは少なめの油で、弱火でじっくりと。たっぷりのお酒を入れるのは、まろやかにするのはもちろんですが、焦がさないため。お酒の熱でお肉に火を通すんです。フライパンもオムレツ用くらいの小さいもののほうが失敗がないと思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    手越祐也“辞めジャニ”に成功者なれる?赤西仁は10年の時間

  6. 6

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

  7. 7

    河井夫妻起訴の闇 特捜部1.5億円不問の裏切りで幕引きか

  8. 8

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  9. 9

    西村大臣の露骨な“庶民イジメ” 罰則付きでも休業補償なし

  10. 10

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

もっと見る