ノルウェーのフィヨルドツアー フェリーが鏡のように反射

公開日: 更新日:

 旅が面白いのは、そこにしかない景色や人、文化に触れられるから。ただし、人生は短く、訪れることができる場所は限られる。仕事や趣味で海外を飛び回る人たちは、どこで、どんな世界を見ているのか――。連載では、一度は行きたいと感じる「絶景」を届けよう。

 これまで、ひとり旅をした国は、南極を除く5大陸の94カ国に上る。世界遺産を紹介するテレビ番組を見て、海外に憧れを抱いていたが、初めて日本を出たのは18歳の時。短大時代に所属していたチアリーディングで全国優勝し、19歳で全米選手権大会に出場するために渡米した。そこから旅に目覚めたそうだ。

 ◇  ◇  ◇ 

 米国では胸の形がクッキリ出たノーブラの女性3人が街中を堂々と歩いていて、カルチャーショックを受けました。もともと私は、縛り付けられる感覚の強いブラジャーが嫌い。窮屈さを感じていました。そんなときに彼女たちの解放感というか、人にどう見られるかを気にするのではない姿を見て、私も自由に生きてみたいなと。この目で世界を見て、新しい価値観を取り入れたい! と思ったんです。それで一度帰国後、チアリーディングの練習がオフの日にニューヨークへ一人旅をしたら、旅にハマってしまいました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  2. 2

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  3. 3

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  4. 4

    宮内義彦のオリックスは「実は何か」が問われている

  5. 5

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

  6. 6

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  7. 7

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  8. 8

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  9. 9

    サザン時代の自分は地上2メートル上をフワフワ浮いていた

  10. 10

    ドラ1候補・明石商中森の母が明かす プロ志望表明の舞台裏

もっと見る