白根山&箱根山の立入禁止 富士山噴火の危険性を専門家指摘

公開日: 更新日:

 東日本の活火山がきな臭い動きを示している。

 噴火警戒レベル2が続く草津白根山(群馬県)では18日、県が白根山(湯釜火口)から半径1キロの立ち入り規制範囲を含む約8・5キロを通行止めにした。18日午後1時までの24時間で、火山性地震を18回観測したという。

 一方、箱根山(神奈川県)でも火山性地震が増加。19日未明に噴火警戒レベルが「2」に引き上げられ、箱根町では想定火口エリア内である大涌谷の半径500メートルの区域を立ち入り禁止にした。群馬と神奈川の関東エリアで不安が広がっているのだ。

 白根山は北米プレートに、箱根山はフィリピン海プレートの上に乗っかっている。プレートの違う2つの火山がともに危険度を増したのは、何か理由があるのだろうか。

「プレートによる噴火の可能性よりも、11年3月に起きた東日本大地震の後遺症と考えた方がいいでしょう」とは武蔵野学院大特任教授の島村英紀氏(地震学)だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る