北海道地震で判明…災害に弱い“盛土造成”のニュータウン

公開日: 更新日:

 北海道地震の影響で、地盤沈下や液状化などの被害を受けた札幌市清田区。インフラの復旧工事が来春になるほどのダメージを負った地域である。大地震に襲われた時、東京や大阪はどうなるのか。

 国立研究開発法人「産業技術総合研究所」の地質調査総合センターによると、清田区内の被災地は、「旧谷地形を谷埋め盛り土した地域」にある。要するに、被災地は谷に土を入れてできた土地ということだ。

 このような人口造成地について、立命館大学環太平洋文明研究センター教授の高橋学氏(災害リスクマネジメント)は「洪水や地震に弱い」として、こう警鐘を鳴らす。

「東京や大阪にあるニュータウンは注意が必要です。高度経済成長期の宅地造成によって開かれた土地には、山を切り開いて丘陵を削った『切り土』部分と、谷を埋めた『盛り土』部分があります。切り土は比較的災害に強いのですが、盛り土は大量の水分が含まれているため脆弱です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  2. 2

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  3. 3

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  4. 4

    宮内義彦のオリックスは「実は何か」が問われている

  5. 5

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  6. 6

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

  7. 7

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  8. 8

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  9. 9

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  10. 10

    ドラ1候補・明石商中森の母が明かす プロ志望表明の舞台裏

もっと見る