山口県・湯田温泉 中原中也生まれた温泉街で人情に触れる

公開日: 更新日:

 湯田温泉と聞いても、東日本の人間はピンとこないかもしれない。海を挟んでお隣の大分・別府温泉の方が有名だからだ。しかし、室町時代は堺や博多などと並ぶ大都市のひとつで、京都を真似して造られた山口の中心街近くに湧く湯田は、観光名所も多く、男の一人旅にもってこいなのだ。

 最寄りはJR山口線の湯田温泉駅。山口宇部空港からは電車で1時間余り、山陽新幹線新山口駅からなら18分というアクセスの良さが光る。県庁や山口大学も近いことからビジネス客も多い。

 開湯伝説に由来する高さ8メートルの白狐「ゆう太」が鎮座する駅を背に、真っすぐ5分も歩けば温泉街の入り口。井上馨の生家跡で足湯もある「井上公園」の手前を左に折れた一角に、今回の宿「京栄旅館」(℡083・922・1464)はあった。古びた木造一軒家で今はやりの“ボロ宿”だ。旅館組合のウェブサイトで見つけて予約したのだが、実際に見ると予想以上にボロくて感動(失礼!)。廃虚のような朽ちたボロさではなく、自然な風化による侘び寂びが、建物全体から染み出ているのだ。

 80歳のご主人が「建てられたのは私が小学1年生のころ」というから築74~75年か。まさに泊まれる骨董品。部屋も期待にたがわずボロいが、トイレは最新式の温水便座式なのがニクい。料金は素泊まりのみで税別3900円。風呂は温泉組合から引く源泉だ(入浴時間に制限あり)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  2. 2

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  3. 3

    「女子アナ好き」の性癖と合コン主催の太いタニマチ

  4. 4

    ジャニーズ退所・錦戸亮の争奪戦に名乗りを上げた大手プロ

  5. 5

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  6. 6

    ミスコン女王にも冷ややかな目…土屋炎伽を待つ不穏な未来

  7. 7

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  8. 8

    相葉が手紙朗読で早くも確約?「嵐」活動再開への温度差

  9. 9

    日本会議系に統一教会系…安倍新内閣はまるで“カルト内閣”

  10. 10

    1979年に渡辺プロを独立 森進一が受けた“森潰し”の圧力

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る