角田信朗さん<5>格好悪いことに全力で挑みボロボロになる

公開日: 更新日:

 サラリーマン時代には何の実績も挙げられなかった僕でしたが、K―1時代の選手招聘には仕事で培ったノウハウや、大学で勉強した英語がずいぶん役に立ちました。それ自体はいいことなんですが、その後K―1では、海外選手の招聘で何か問題が起きたときには、とにかく僕にその対処が回ってくるようになってしまいました。

「NOと言えない」のではなくて、「できません」というのが嫌な僕は、どんな難題でも切り抜けてやるのが自分のスタイルだと自負していますが、時々、できないフリをしておけばよかったと後悔することもありました(笑い)。

 書類の不備などで入国管理局に行く時も、僕は常に礼儀礼節を重んじ、態度も言葉も丁寧に、を心掛けていましたので、通常なら処理してもらえないような案件も、うまく通ることがあったり、電話の受け答えひとつとっても、とにかく丁寧に、ソフトに(笑い)。それで正道会館の対外的な印象も良くなった。石井館長も「いろんな方から、お弟子さんをよく教育されてますね、とお褒めの言葉を頂いて鼻が高いよ」とおっしゃってました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    竹内結子さん自死 芸能界「理想と現実」の乖離が背景に?

  3. 3

    竹内結子さんと芦名星さんを結ぶ点と線…連鎖はあるのか?

  4. 4

    三浦春馬さん、芦名星さん急死…共通点は酒量と「いい人」

  5. 5

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  6. 6

    中曽根元首相の葬儀に“血税1億円”投入こそ「悪しき前例」

  7. 7

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  8. 8

    田村厚労相 ソフトな外っ面の裏に弱者切り捨ての“前科”

  9. 9

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

  10. 10

    正代初Vも「番付不在」と評論家苦言…白鵬は延命で高笑い

もっと見る