曽我和弘
著者のコラム一覧
曽我和弘

大学卒業後、ゴルフ雑誌や米国医学雑誌の編集を経て、あまから手帖社に入社。一貫して雑誌畑を歩む。99年にクリエイターズ・ファクトリーを設立。食分野を中心に取材・執筆のほか、食文化の継承や食の流行を作ったりと多方面で活躍。JR大阪駅構内などの飲食店もプロデュース。駅ナカビジネスの仕掛け人とも呼ばれる。現在は大阪樟蔭女子大で講師も務め、関西食文化研究会座長でもある。

Fujimoto キッチンスタジオ(天満橋)日1組限定のもてなし

公開日: 更新日:

 今回紹介するのは常時営業している飲食店ではない。関西で名を馳す料理人のキッチンスタジオなのだが、なぜかコース料理が味わえる。しかもあなたオリジナルで1日たった1組だけのコース料理なのだ。

「Fujimoto キッチンスタジオ」を主宰する藤本喜寛さんは関西では大御所シェフ。かつて辻学園TEC日調では西洋料理の教授を務め、大阪府知事賞や厚生労働大臣賞も受賞している。ある時はメニュー開発案を考え、ある時は食品メーカーへのアドバイスをし、多くの飲食店企業の顧問を果たすほど八面六臂の活躍ぶり。まさに関西での食トレンドの仕掛け人といえよう。

 そんな藤本先生が自身のキッチンでコース料理を提供している。日時内容は応相談で、1日1組に限り可能だという。「最低6人からフリードリンク付き1人4000円以上というのが目安。キッチンは20人ぐらいまでは入れますので団体での申し込みは大歓迎です」と話している。料理は和洋中なんでもOK、主は仏・伊料理だが、辻学園時代には何でもこなしてきたため和や中華、エスニック何でもござれのオールマイティーさが特徴だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小手伸也さん不倫騒動 マレーシアまで取材する必要ある?

  2. 2

    木下優樹菜“恫喝DM”炎上で謝罪も…夫フジモンへ飛び火確実

  3. 3

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  4. 4

    木下優樹菜は“恫喝DM”で窮地に…芸能人にSNSは“諸刃の刃”

  5. 5

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  6. 6

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  7. 7

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  8. 8

    ベスト15にズラリ 海外リーグが付けた日本人選手のお値段

  9. 9

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  10. 10

    日韓“オトモダチ”会談 安倍首相と李洛淵氏それぞれの思惑

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る