曽我和弘
著者のコラム一覧
曽我和弘

大学卒業後、ゴルフ雑誌や米国医学雑誌の編集を経て、あまから手帖社に入社。一貫して雑誌畑を歩む。99年にクリエイターズ・ファクトリーを設立。食分野を中心に取材・執筆のほか、食文化の継承や食の流行を作ったりと多方面で活躍。JR大阪駅構内などの飲食店もプロデュース。駅ナカビジネスの仕掛け人とも呼ばれる。現在は大阪樟蔭女子大で講師も務め、関西食文化研究会座長でもある。

Fujimoto キッチンスタジオ(天満橋)日1組限定のもてなし

公開日: 更新日:

 今回紹介するのは常時営業している飲食店ではない。関西で名を馳す料理人のキッチンスタジオなのだが、なぜかコース料理が味わえる。しかもあなたオリジナルで1日たった1組だけのコース料理なのだ。

「Fujimoto キッチンスタジオ」を主宰する藤本喜寛さんは関西では大御所シェフ。かつて辻学園TEC日調では西洋料理の教授を務め、大阪府知事賞や厚生労働大臣賞も受賞している。ある時はメニュー開発案を考え、ある時は食品メーカーへのアドバイスをし、多くの飲食店企業の顧問を果たすほど八面六臂の活躍ぶり。まさに関西での食トレンドの仕掛け人といえよう。

 そんな藤本先生が自身のキッチンでコース料理を提供している。日時内容は応相談で、1日1組に限り可能だという。「最低6人からフリードリンク付き1人4000円以上というのが目安。キッチンは20人ぐらいまでは入れますので団体での申し込みは大歓迎です」と話している。料理は和洋中なんでもOK、主は仏・伊料理だが、辻学園時代には何でもこなしてきたため和や中華、エスニック何でもござれのオールマイティーさが特徴だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    京大教授藤井聡氏 大阪都構想は維新への信任投票ではない

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    菅政権が「年末年始17連休」正月休み拡大をブチ上げた狙い

  4. 4

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  5. 5

    安倍前首相ファクト発言にツッコミ殺到「おまえが言うか」

  6. 6

    Gドラ1は投手捨て野手に…乗り換えた原監督の不安と不満

  7. 7

    いしだ壱成さんが語る「生活保護不正受給疑惑」報道の真相

  8. 8

    今年のドラフトは“戦略ダダ漏れ”「個室指名」の意外な盲点

  9. 9

    岡村隆史は自称“風俗オタク”…結婚生活はうまくいくのか

  10. 10

    甥っ子がフジテレビ退社 囁かれる“安倍引退”のタイミング

もっと見る