曽我和弘
著者のコラム一覧
曽我和弘

大学卒業後、ゴルフ雑誌や米国医学雑誌の編集を経て、あまから手帖社に入社。一貫して雑誌畑を歩む。99年にクリエイターズ・ファクトリーを設立。食分野を中心に取材・執筆のほか、食文化の継承や食の流行を作ったりと多方面で活躍。JR大阪駅構内などの飲食店もプロデュース。駅ナカビジネスの仕掛け人とも呼ばれる。現在は大阪樟蔭女子大で講師も務め、関西食文化研究会座長でもある。

寿司 常(大阪・天神橋)舟形にこだわるバッテラ発祥の店

公開日: 更新日:

 バッテラを辞書で調べると、寿司飯の上に締めサバをのせて箱型で押し固めた寿司とある。ただ元来は魚がサバではなく、コノシロだったことや、箱型ではなく、舟形だったことを知る人は少ないだろう。天満天神繁昌亭のはす向かいにある「寿司常」は、バッテラ発祥の店。今でも名物のバッテーラ(900円)を食べに訪れる人が多い。

 バッテラを誕生させたのは、同店の初代・中恒吉さん。大阪湾で揚がるコノシロの使い道を相談されて、姿寿司を考えたのがきっかけ。コノシロを三枚に卸して半身を姿寿司にして出したところ人気が出たそう。

 最初は布巾締めで作っていたが、それだと時間と手間がかかることから押し型を考案した。コノシロの頭と尾を落とし、魚形に身と寿司飯を入れ、押して抜いて提供していたようだ。それを見た客が「バッテーラ」と発したためにそんな名がついた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    人気定着だから見えてきた カーシェアの「残念な点」3つ

  2. 2

    嫌われアナ1位に浮上 テレ朝・弘中綾香アナ“鋼のメンタル”

  3. 3

    及川光博が明かした 壇れいと離婚届提出日に“打ち上げ飯”

  4. 4

    小川彩佳キャスターがもくろむ 古巣と元カレへのリベンジ

  5. 5

    東大卒フジ新人アナ藤本万梨乃は“令和のカトパン”になるか

  6. 6

    佐藤浩市も大炎上…どんどんタブーになる芸能人の政治発言

  7. 7

    丸山議員が辞めない理由か…政治資金“不正蓄財”疑惑が浮上

  8. 8

    全英注目!交通事故で即死の母狐から救い出された赤ちゃん

  9. 9

    熱狂マダムを生む出す純烈リーダー・酒井一圭の義理堅さ

  10. 10

    日朝会談巡り急浮上「9月訪朝」「複数帰国」眉唾シナリオ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る