曽我和弘
著者のコラム一覧
曽我和弘

大学卒業後、ゴルフ雑誌や米国医学雑誌の編集を経て、あまから手帖社に入社。一貫して雑誌畑を歩む。99年にクリエイターズ・ファクトリーを設立。食分野を中心に取材・執筆のほか、食文化の継承や食の流行を作ったりと多方面で活躍。JR大阪駅構内などの飲食店もプロデュース。駅ナカビジネスの仕掛け人とも呼ばれる。現在は大阪樟蔭女子大で講師も務め、関西食文化研究会座長でもある。

寿司 常(大阪・天神橋)舟形にこだわるバッテラ発祥の店

公開日: 更新日:

 バッテラを辞書で調べると、寿司飯の上に締めサバをのせて箱型で押し固めた寿司とある。ただ元来は魚がサバではなく、コノシロだったことや、箱型ではなく、舟形だったことを知る人は少ないだろう。天満天神繁昌亭のはす向かいにある「寿司常」は、バッテラ発祥の店。今でも名物のバッテーラ(900円)を食べに訪れる人が多い。

 バッテラを誕生させたのは、同店の初代・中恒吉さん。大阪湾で揚がるコノシロの使い道を相談されて、姿寿司を考えたのがきっかけ。コノシロを三枚に卸して半身を姿寿司にして出したところ人気が出たそう。

 最初は布巾締めで作っていたが、それだと時間と手間がかかることから押し型を考案した。コノシロの頭と尾を落とし、魚形に身と寿司飯を入れ、押して抜いて提供していたようだ。それを見た客が「バッテーラ」と発したためにそんな名がついた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  2. 2

    コロナ利用の自分ファースト “女帝”圧勝の内幕と今後<前>

  3. 3

    緊急寄稿・石井妙子 小池再選を生んだメディアの忖度気質

  4. 4

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  5. 5

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  8. 7

    ヤクザ役で活躍「ピラニア軍団」故・志賀勝さんの強面伝説

  9. 8

    テラハ問題で木村花さん母が告発 フジ“ヤラセ教唆”の罪深さ

  10. 9

    ガッキー知人が悩み明かす「実年齢とのギャップに違和感」

  11. 10

    また2ショットなし 綾瀬はるか“結婚報道”で私生活の深い謎

もっと見る