曽我和弘
著者のコラム一覧
曽我和弘

大学卒業後、ゴルフ雑誌や米国医学雑誌の編集を経て、あまから手帖社に入社。一貫して雑誌畑を歩む。99年にクリエイターズ・ファクトリーを設立。食分野を中心に取材・執筆のほか、食文化の継承や食の流行を作ったりと多方面で活躍。JR大阪駅構内などの飲食店もプロデュース。駅ナカビジネスの仕掛け人とも呼ばれる。現在は大阪樟蔭女子大で講師も務め、関西食文化研究会座長でもある。

炭味家えびす丸(梅田)エタリの塩辛を使った逸品の数々を

公開日: 更新日:

 大阪駅前第3ビルの地下2階にある「えびす丸」は、巻き網漁船の元船主だった田中さんが営む炭火焼きの店。一夜干しを中心に魚介類を楽しむ、えびす丸セット(8品=1580円)などリーズナブルに魚が味わえると評判の店である。船主だっただけに各地の漁港に強いパイプを持っており、関西では味わえない品もそろっている。その一つが、島原半島橘湾で取れるエタリを用いたメニュー。

 エタリとは雲仙地区での片口鰯(いわし)の呼び名。田中さんの話では、これには黒と白の2種があるそうで橘湾で揚がるのは後者。素人目には分かりにくいが、専門家の間では白の片口鰯の方が味がいいと評価する。

 このエタリを塩辛にして町興しをしたのが天洋丸で漁師をしている竹下千代太さんの奥さん・敦子さんである。彼女は東京水産大学卒の才女で、夫が大手企業を辞して郷里に帰ったことでエタリに出合った。特産品での地域活性と資源の有効活用を主婦ながら模索し、エタリの塩辛を開発した。敦子さんはこれで“明日の農山漁村を担う女性”として農林水産大臣政務賞を受賞している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    河井夫妻起訴の闇 特捜部1.5億円不問の裏切りで幕引きか

  6. 6

    手越祐也“辞めジャニ”に成功者なれる?赤西仁は10年の時間

  7. 7

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

  8. 8

    西村大臣の露骨な“庶民イジメ” 罰則付きでも休業補償なし

  9. 9

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  10. 10

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

もっと見る