池田保行
著者のコラム一覧
池田保行ファッションエディター&ライター

メンズファッション誌を中心に、ビジネススーツなどメンズスタイルについて執筆するファッションエディター&ライター。「All Aboutメンズファッションガイド」も務める。

スーツと靴は中一日休ませる“ローテーション登板”で長持ち

公開日: 更新日:

 毎日の通勤や、仕事中も汗をかくことが多くなった。帰宅するとワイシャツには汗が染み、下手をするとジャケットやパンツにまで影響が及ぶこともある。脱いだワイシャツは即日、洗濯機もしくはクリーニング店へ持っていけばいいが、スーツはたいていハンガーに吊るし、部屋の隅で一晩を過ごすことになる。翌朝着るワイシャツは洗濯済みのものにするとして、前日のスーツを2日続けて着ることだけは避けてほしい。別のスーツをクローゼットから出して着てもらいたいのだ。

 2日続けて同じスーツを着ると、職場のOLに「課長、また同じスーツ着てる」と、不潔なものを見るような顔をされかねない。スーツの着数を持っていないと思われて、懐具合を探られるのも不愉快な話だ。だが、最も懸念すべきは、連日の着用で生地や縫製が傷むこと。襟元や脇部分に染みた汗は、変色やニオイの原因となる。パンツの腰部分も汗が染みやすく、同様に心配だ。表立っては見えないが、芯地へのダメージの原因にもなる。汗の塩分やタンパク質が影響するからだ。汗が染みやすい春夏のスーツは、年に1度はクリーニングで汗の成分を落としたい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  3. 3

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  4. 4

    焦るトランプ…フロリダ州で負ければ米大統領選はアウト

  5. 5

    持続化給付金の不正受給 早急に返金と自首をするべき

  6. 6

    白石麻衣10.28乃木坂卒業で注目 ソロ活動と恋愛解禁Xデー

  7. 7

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  8. 8

    Gドラ1は投手捨て野手に…乗り換えた原監督の不安と不満

  9. 9

    「栄冠は君に輝く」作詞の加賀大介と松井秀喜の意外な縁

  10. 10

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

もっと見る