池田保行
著者のコラム一覧
池田保行ファッションエディター&ライター

メンズファッション誌を中心に、ビジネススーツなどメンズスタイルについて執筆するファッションエディター&ライター。「All Aboutメンズファッションガイド」も務める。

シャツ1枚が定着するもジャケットを着用すべきシーンは?

公開日: 更新日:

 シャツ一枚で出勤できるクールビズが定着してからというもの、ジャケットの「存在感」が希薄になりつつあるように思う。

「ジャケットリクワイヤード」とは、男性にジャケット着用を義務付けるドレスコードのこと。星付きのレストランやホテル、名門ゴルフクラブなどには厳然たるドレスコードがあり、王様でも庶民でもジャケットを着なくてはならない。しかし最近は、どこもカジュアルOKが浸透し、ノータイどころかジャケット不要でも入場できることが多くなった。規制緩和の一環として歓迎する声もあるが、伝統や格式を重んじる人にとっては、居心地は決してよろしくない。謝罪時にジャケット、ネクタイ着用が望ましいのは言わずもがな。ジャケットとは安定と安心、社会秩序や理路整然の象徴だ。紳士たるもの正装することで、場の雰囲気を維持すべきではないだろうか。

 冠婚葬祭、プレゼンテーションの登壇時、銀行や保険など、お金に関わる場へ赴くときはジャケット着用が社会的な信頼性を高めてくれる。クラシックコンサートやオペラ、バレエなども同じく正装が望ましい。就職・転職、入学試験の面接時も好印象だ。懐石料理や寿司、天ぷら、鰻など、老舗料理屋の格式を重んじる姿勢を示す意味でもジャケットスタイルで臨みたい。ドレスコードに厳格な外資系の航空機やホテルのアップグレードは、会員ランクが高く、しかもきちんとジャケットを着用している人が優先されるという。当たり前だが、スーツを買いに行くときもジャケットを着ていくべきだ。好みの着方を店員に説明しなくて済む。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  2. 2

    実は計算づくだった? 石橋貴明と鈴木保奈美の「離婚発表」が7月になったワケ

  3. 3

    菅首相の五輪強行がトドメか?衆院選まさかの「自公過半数割れ」に現実味

  4. 4

    安倍前首相の五輪開会式トンズラ…「逃げた」「無責任の極み」と大ブーイング

  5. 5

    競泳・池江璃花子ついに400mリレー登場も…「五輪出場は運命」発言“炎上”のナゼ

  6. 6

    東京五輪「呪われた開会式」大手メディアが決して書かない“舞台裏”をドキュメント

  7. 7

    小山田圭吾“陰湿いじめの舞台“となった和光学園の「共同教育」とは…担当者に聞いた

  8. 8

    五輪開会式直前に演出の小林賢太郎氏が解任…やはり抜擢は“クリエイターの天皇”人脈だった

  9. 9

    東京五輪にスポンサーから続々NO! TV観戦増でCM効果上昇のはずが放映中止ドミノの可能性

  10. 10

    山崎育三郎“離婚”に高い壁 安倍なつみ復帰でざわつくメディア、本当の異変は?

もっと見る