弱い先輩でも立てる日本のスポーツ文化は好きになれません

公開日: 更新日:

チャンリナさん(カンボジア出身)<2>

 私、スポーツが大好きで負けず嫌い。今は陸上100メートルハードルのカンボジア代表として東京オリンピックをめざしています。そう、タレントの猫ひろしさんがカンボジア代表でリオ五輪のマラソンに出場したように、東南アジアの大会で実績を残せば、国の出場枠で参加することができるんです。

 陸上の前はゴルフをやっていて、カンボジア初の女子プロになりました。宮里藍ちゃんのお父さんにコーチしてもらったり、日本のプロトーナメントに出場したこともあるんですよ。

 日本は、リオ五輪の陸上400メートルリレーで銀メダルを取ったり、レベルが高い。陸上だけじゃなくて、どの競技でも世界レベルにあるから、同じアジア人として誇りです。

 でもひとつだけ、日本のスポーツ、好きになれないことがあります。陰湿というか、上下関係が厳しい。私、中学・高校時代は部活でソフトテニスをやっていて、神奈川県の強化選手に選ばれました。勝負は勝って目立ってナンボだと思っているから、先輩でもボコボコにやっつけていました。そうしたら上級生たちに呼び出されて、生意気だとか、後輩らしくしなさいよとネチネチやられ、それがすごく嫌だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  3. 3

    未浄化下水広がる“肥溜めトライアスロン”に選手は戦々恐々

  4. 4

    兵庫・明石商監督に聞いた データ分析のチーム強化の労苦

  5. 5

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  6. 6

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  7. 7

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

  8. 8

    引きこもりだった大学生が「しょぼい喫茶店」を始めるまで

  9. 9

    セレブ子弟集まる青学初等部に残る“ボスママ戦争”の後遺症

  10. 10

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る