弱い先輩でも立てる日本のスポーツ文化は好きになれません

公開日: 更新日:

チャンリナさん(カンボジア出身)<2>

 私、スポーツが大好きで負けず嫌い。今は陸上100メートルハードルのカンボジア代表として東京オリンピックをめざしています。そう、タレントの猫ひろしさんがカンボジア代表でリオ五輪のマラソンに出場したように、東南アジアの大会で実績を残せば、国の出場枠で参加することができるんです。

 陸上の前はゴルフをやっていて、カンボジア初の女子プロになりました。宮里藍ちゃんのお父さんにコーチしてもらったり、日本のプロトーナメントに出場したこともあるんですよ。

 日本は、リオ五輪の陸上400メートルリレーで銀メダルを取ったり、レベルが高い。陸上だけじゃなくて、どの競技でも世界レベルにあるから、同じアジア人として誇りです。

 でもひとつだけ、日本のスポーツ、好きになれないことがあります。陰湿というか、上下関係が厳しい。私、中学・高校時代は部活でソフトテニスをやっていて、神奈川県の強化選手に選ばれました。勝負は勝って目立ってナンボだと思っているから、先輩でもボコボコにやっつけていました。そうしたら上級生たちに呼び出されて、生意気だとか、後輩らしくしなさいよとネチネチやられ、それがすごく嫌だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  2. 2

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  3. 3

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  4. 4

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  5. 5

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  6. 6

    先の大戦と酷似 デマと精神論が蔓延するコロナ禍ニッポン

  7. 7

    11点差の負け試合に野手登板 G原采配「最善策」の違和感

  8. 8

    裕次郎さんの自宅から遺跡が…本人と石原プロ社員の神対応

  9. 9

    ドラマで描かれないシーン 古関裕而は無類の愛煙家だった

  10. 10

    巨人の快進撃を支える「神走塁」 地味ながら凄い3人の正体

もっと見る