【ペポーゾ】肉好きの酒好きに最適

公開日: 更新日:

トラットリア ブガ・マッシモ(東京・門前仲町)

 我々が知っているイタリアンの定番は、貧しい人たちが考えた料理が多いという。このペポーゾもそうで、「ドゥオーモ」(サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂)の建造に関わったタイル職人たちが、作業をしている傍らコトコトと煮たのが始まりとか。ヒレやロースといった値が張る部位を食べられない人たちが、安く手に入る硬い肉をおいしく食べるために工夫した料理だ。

「店ではホホ肉を使うのですが、スーパーではなかなか売っていないでしょうから、スネ肉で代用しました。煮ると軟らかくなりますが、脂がほとんどないのでトロッという感じにはなりません。じっくり噛んで味わう煮込み。そこがイタリアらしい」

 味付けのポイントは、粒のまま加える黒こしょうだ。煮てグズグズになっても鮮烈な辛さは変わらないが、ワインと肉のうま味がシミシミになっていて、これだけでも酒がクイクイと進む。

「元が労働者の料理なので、パンをいっぱい食べられて、ワインもガブガブと飲めるような味付けになっています。お酒が好きな常連さんは毎回注文しますよ」

 少しトロッとさせたい場合は、半量にしたスネ肉に同量のバラ肉を加えて作るといい。のんべえにはたまらない一皿だ。

 《材料》 
・牛スネ肉 540グラム
・塩 5.4グラム
・皮付きニンニク 1片
・粒の黒こしょう 6グラム
・赤ワイン 1本(750ミリ)
・ローズマリー 1枝

 《作り方》 
 すべての材料を合わせて冷蔵庫で一晩おきマリネする。翌日、弱火で2時間ぐらい煮れば出来上がり。途中で水分が足りなくなったときは、水を加える。

▽大沼清敬(おおぬま・きよたか)
 1977年、埼玉県生まれ。高校卒業後に働いた洋食レストランで多様な食材を使うパスタのうまさに目覚め、イタリア料理の道に。都内や伊フィレンツェで修業後、29歳で丸の内の「デリツィオーゾ・フィレンツェ」でシェフとなり、39歳で独立、門前仲町に店を構えた。

▽トラットリア ブカ・マッシモ
 大沼シェフがイタリア滞在中に食べていたトスカーナ地方の料理が中心。小皿の野菜をいくつか頼んだあとで、ワインと一緒にメインの炭火焼きを楽しむ客が多い。客の7割がリピーターで、根強いファンが通う名店。ミシュランの「ビブグルマン」(安くてオススメできる店)にも選ばれている。

江東区富岡1―24―11
℡03・5809・9022

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    囁かれる長澤まさみの「マスカレード」続編降板説 2作で興収100億円突破もキムタクが苦手?

    囁かれる長澤まさみの「マスカレード」続編降板説 2作で興収100億円突破もキムタクが苦手?

  2. 2
    元迷惑YouTuberへずまりゅう氏 刑事裁判控訴中なのに選挙に出られるのはなぜ?

    元迷惑YouTuberへずまりゅう氏 刑事裁判控訴中なのに選挙に出られるのはなぜ?

  3. 3
    ワクチン接種と未接種で永遠の別れに…パートナーを失った米国女性の無念

    ワクチン接種と未接種で永遠の別れに…パートナーを失った米国女性の無念

  4. 4
    iPhone13は高嶺の花すぎる…“型落ち”を狙うなら何がオススメ?

    iPhone13は高嶺の花すぎる…“型落ち”を狙うなら何がオススメ?

  5. 5
    眞子さまが「小室圭さんの夫人」になる天皇家はこれからどうなるのか

    眞子さまが「小室圭さんの夫人」になる天皇家はこれからどうなるのか

もっと見る

  1. 6
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 7
    安住紳一郎アナ投入でトップ奪取を狙うTBS 標的はNHK「おはよう日本」の桑子真帆アナ

    安住紳一郎アナ投入でトップ奪取を狙うTBS 標的はNHK「おはよう日本」の桑子真帆アナ

  3. 8
    大阪3歳児殺害 23歳同居男による残虐極まりない行為と母親の“洗脳”

    大阪3歳児殺害 23歳同居男による残虐極まりない行為と母親の“洗脳”

  4. 9
    緊急事態宣言解除されても…個人営業の飲食店は「リベンジ消費」が怖い?

    緊急事態宣言解除されても…個人営業の飲食店は「リベンジ消費」が怖い?

  5. 10
    フジテレビが報じた小室圭さん“ちょんまげ”スクープ撮を憂う(成城大学教授・森暢平)

    フジテレビが報じた小室圭さん“ちょんまげ”スクープ撮を憂う(成城大学教授・森暢平)