多田文明
著者のコラム一覧
多田文明詐欺・悪徳商法ジャーナリスト

1965年、北海道生まれ。詐欺・悪徳商法ジャーナリスト。近著に「最新の手口から紐解く 詐欺師の『罠』の見抜き方 悪党に騙されない40の心得」(スマートブックス)がある。

品物が届かない「ニセ通販サイト」はマイナス目線で見抜く

公開日: 更新日:

 通販サイトの値段を比較して、一番安くなっているサイトから注文する人は多いだろう。しかし、そこには落とし穴がある。注文をしても商品が届かず、代金だけを取られてしまうニセ通販サイトがそれだ。

 詐欺・悪徳商法ジャーナリストの多田文明氏がこう解説する。

「ニセ通販サイトは、見た目には普通のサイトとは変わらないため、騙されてしまいがち。実際にニセ通販サイトを調べてみると、女性モデルを使ったファッションサイトで広告もしっかりとつくり込んでいて、大手サイトにも引けをとらないものでした。そこで、広告にある文字列をコピーして、検索をかけたところ、このサイトとまったく同じ正規サイトが出てきて、それがページの体裁から何から何まですべて同じでした。

 まったく同じサイトをパクり、正規の値段の部分だけに二重線を付け、20~30%ほど安い価格をその下に書き込んでいる。そして『安いぞ、このサイト!』と閲覧者に思わせて申し込ませる仕組みになっている。こうしたパクリサイトは昼夜問わず出てきており、『1円でも安く買いたい』という気持ちで検索をしている人たちを狙っています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  2. 2

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

  3. 3

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  4. 4

    小山田圭吾が一生涯背負う“十字架”と本当の謝罪 障害者の父親は「謝っても許されない」と強い憤り

  5. 5

    五輪スタッフ、メディア関係者に「インチキ陰性判定」乱発か?検査スリ抜けこんなに簡単

  6. 6

    東京五輪入場行進にドラクエのテーマが…作曲家は”安倍応援団” 過去にはLGBT巡り物議醸す発言

  7. 7

    山崎育三郎“離婚”に高い壁 安倍なつみ復帰でざわつくメディア、本当の異変は?

  8. 8

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  9. 9

    アヤパンの“MC力”でテレ朝「サタデーステーション」上昇気流に!視聴率で「報ステ」抜く

  10. 10

    コカ・コーラ社以外は持ち込むな!五輪サッカー観戦で鹿嶋市の小中学生に要望したのは誰だ?

もっと見る