パワハラ恐れ…部下が“タメ口”上司が“敬語”の時代到来か?

公開日: 更新日:

 2018年度に全国の地方労働局などに寄せられた、パワハラなど「いじめ・嫌がらせ」に関する労働相談は8万2797件(前年度比14.9%増)で、過去最悪を更新――厚労省が6月26日に公表した数字を見て、電力系勤務のAさん(44)は、こう言ってタメ息をつく。

「たぶん『ブラック企業大賞』が始まった頃(2012年)からだと思いますが、ウチでもパワハラの取り締まりが異常に厳しくなっていったんです。もちろん管理職は研修を受けますが、正直、どこまでがパワハラなのか、よく分からない。セクハラと一緒で、部下の受け取り方次第で、『いじめられた』『嫌がらせされた』と感じれば、パワハラ扱いされるかもしれない……そんな恐怖が常にあります」

 金融系のBさん(47)も同じ思いだ。

「われわれが若い頃には『それぐらい我慢しろ』『耐えるのも給料のうちだ』と言われていた上司の理不尽とか横暴が、われわれが管理職になった今は、すべてパワハラ。もちろん負の連鎖は断ち切るべきでしょうが、われわれの世代は割を食った気がしないでもない。何より最近の管理職は、部下に気を使いすぎている。仲間内では『そのうち部下がタメ口で、上司が敬語を使う時代になるよ』なんて笑えない冗談を言い合っています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    想像を超える民意の「ノー」に安倍政権は青ざめている<上>

  2. 2

    孤独なホームレス男性の最期を看取った女性警官の愛は無償

  3. 3

    8年かけて高校を卒業…同級生の“無音”の拍手に校長も感動

  4. 4

    N国議席獲得で古谷経衡氏が指摘「常識が溶けていく恐怖」

  5. 5

    参議院選挙の最大の敗者は「事実」という深刻な事態

  6. 6

    山本太郎らが試算 消費税ゼロで「賃金44万円アップ」の根拠

  7. 7

    ALS患者の舩後氏当選で 議事堂が迫られる改修と慣習の刷新

  8. 8

    れいわ奇跡の躍進 山本太郎「政権を狙いに行く」の現実味

  9. 9

    伊調敗北は“忖度判定”か…代表決定戦で新たな火種が表面化

  10. 10

    1位は2千万円超え 平均給与トップ30は総合商社や民放ズラリ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る