パワハラ恐れ…部下が“タメ口”上司が“敬語”の時代到来か?

公開日: 更新日:

 2018年度に全国の地方労働局などに寄せられた、パワハラなど「いじめ・嫌がらせ」に関する労働相談は8万2797件(前年度比14.9%増)で、過去最悪を更新――厚労省が6月26日に公表した数字を見て、電力系勤務のAさん(44)は、こう言ってタメ息をつく。

「たぶん『ブラック企業大賞』が始まった頃(2012年)からだと思いますが、ウチでもパワハラの取り締まりが異常に厳しくなっていったんです。もちろん管理職は研修を受けますが、正直、どこまでがパワハラなのか、よく分からない。セクハラと一緒で、部下の受け取り方次第で、『いじめられた』『嫌がらせされた』と感じれば、パワハラ扱いされるかもしれない……そんな恐怖が常にあります」

 金融系のBさん(47)も同じ思いだ。

「われわれが若い頃には『それぐらい我慢しろ』『耐えるのも給料のうちだ』と言われていた上司の理不尽とか横暴が、われわれが管理職になった今は、すべてパワハラ。もちろん負の連鎖は断ち切るべきでしょうが、われわれの世代は割を食った気がしないでもない。何より最近の管理職は、部下に気を使いすぎている。仲間内では『そのうち部下がタメ口で、上司が敬語を使う時代になるよ』なんて笑えない冗談を言い合っています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  3. 3

    木下優樹菜に第2、第3の男の影「急転引退」狙いと全舞台裏

  4. 4

    手越祐也の新居家賃200万円問題 ジャニーズ退所で楽勝か

  5. 5

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  6. 6

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  7. 7

    小池都知事“地元のお友達”豊島区優遇で新宿区長がブチ切れ

  8. 8

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  9. 9

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  10. 10

    平野&中島「未満警察」もはやコメディー 敗因は幼い脚本

もっと見る