【牡蠣もどき】精進料理をヒントに思い付いた一品

公開日: 更新日:

鉄板料理こぱん亭(広島・中区)

「牡蠣」といえば、言わずと知れた広島名物だが、地元の人が皆、好物とは限らない。生が苦手な人もいれば、食あたりで二度と食べたくないという人もいる。その点、この牡蠣もどきなら、心配はご無用。安価な材料で磯の香りを楽しめる。

「『桃屋』ののりの佃煮を使います。種をスプーンですくって、のりで巻いて揚げるだけ。佃煮の味がついているので、味付けは不要です。もずくと一緒に食べると、一層、雰囲気が出ます。種は混ぜ過ぎず、ある程度ブツブツが残っていた方が食感を楽しめます。広島の地酒、亀齢や西条、賀茂鶴なんかとよく合いますよ」

 テレビで放送していた精進料理の特集をヒントに思い付いた一品なんだとか。店のお通しでも出している。

《材料》
・豆腐 1丁
・のりの佃煮 大2
・青のり 大1

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  2. 2

    秋篠宮ご夫妻は事態打開に動かず…眞子さまの実の母よりも小室ママにやさしい態度がネックに?

  3. 3

    草津町議だった新井祥子さん 性的被害告発でリコール失職、海外メディアも注目したその後は…

  4. 4

    【競泳】無冠の瀬戸大也が現役続行 今後は海外でコツコツと賞金稼ぎの旅

  5. 5

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  6. 6

    「水泳ニッポン」自国開催で大惨敗…瀬戸不振、日本水連の甘さ、平井HCの処遇に影響も

  7. 7

    懸念が一転!眞栄田郷敦の高校生役がハマった痛快コミカル劇「プロミス・シンデレラ」

  8. 8

    瀬戸大也と大坂なおみの敗退で生じた「アスリートに人間性は必要か?」という問い

  9. 9

    韓国テレビ局MBCが東京五輪報道で“珍プレー”連発…「国の恥」と最も怒ったのは韓国人だった

  10. 10

    有村架純と大相撲・明生関に交際情報 所属事務所が“強烈かち上げ”激怒の全否定

もっと見る