【牡蠣もどき】精進料理をヒントに思い付いた一品

公開日: 更新日:

鉄板料理こぱん亭(広島・中区)

「牡蠣」といえば、言わずと知れた広島名物だが、地元の人が皆、好物とは限らない。生が苦手な人もいれば、食あたりで二度と食べたくないという人もいる。その点、この牡蠣もどきなら、心配はご無用。安価な材料で磯の香りを楽しめる。

「『桃屋』ののりの佃煮を使います。種をスプーンですくって、のりで巻いて揚げるだけ。佃煮の味がついているので、味付けは不要です。もずくと一緒に食べると、一層、雰囲気が出ます。種は混ぜ過ぎず、ある程度ブツブツが残っていた方が食感を楽しめます。広島の地酒、亀齢や西条、賀茂鶴なんかとよく合いますよ」

 テレビで放送していた精進料理の特集をヒントに思い付いた一品なんだとか。店のお通しでも出している。

《材料》
・豆腐 1丁
・のりの佃煮 大2
・青のり 大1

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    れいわ奇跡の躍進 山本太郎「政権を狙いに行く」の現実味

  2. 2

    「NHKから国民を守る党」まさかの議席獲得…NHKは戦々恐々

  3. 3

    改憲だけは阻止した参院選 与党過半数でも波乱の予兆<上>

  4. 4

    ほぼ「絶対君主」吉本興業・岡本昭彦社長のコワモテ評判

  5. 5

    「俺は基本、嫌いな人とは仕事しませんもん(笑い)」

  6. 6

    2019年参議院選挙で注目 美魔女候補11人の「明と暗」

  7. 7

    諸悪の根源は97年 消費税3%のままならGDPは852兆円だった

  8. 8

    「報道ステーション」後藤謙次には“権力監視”の先頭を期待

  9. 9

    宮迫と亮に暗部暴かれ…吉本は“芸人クーデター”で瓦解寸前

  10. 10

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る