上司の指示でフロント企業に営業した部下の責任はどうなる

公開日: 更新日:

 闇営業に駆り出された芸人たちは、反社との宴会などで楽しく酒を酌み交わす姿をバッチリ写真に撮られて失敗した。今も昔も、飲食店は反社との接点が生まれやすい。それでミスった金融マンが今年も世間をにぎわせているが、そんな上司の指示で部下がフロント企業に営業せざるを得なくなったらどうなるか。

 今年5月24日、反社会的勢力の関係者に大量の資金を融資したとして、金融庁から業務改善命令を受けたのは、東京・多摩エリアを地盤とする西武信金だ。

 事件の内容をかいつまんで説明すると、こんな具合である。

 ある幹部は、立川のスナックで知り合った女性に入れ込み、融資をした。女性の夫は、反社の中でも札付きで知られた人物。別の幹部が反社の可能性を察知し、警察に女性の名前で反社チェックをした。だが、夫の名前でないことからシロとなり、結果として、反社に大量の資金を融資することに。一説には40億円に上るという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  2. 2

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  3. 3

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  4. 4

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  5. 5

    巨人ドラ2位候補で狙う149キロ即戦力“ノーノー左腕”の評価

  6. 6

    スコットランドにはショック…稲垣のトライが生まれた背景

  7. 7

    緊急放流の6ダムで事前放流せず 国交省・自治体に重大責任

  8. 8

    阪神CS出場も鳥谷は…寂しい終幕に球団と指揮官への不信感

  9. 9

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  10. 10

    セは来季も巨人の独り勝ち濃厚 ライバル5球団に好材料なし

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る