【冷奴イタリア風】厚揚げにもなんなら食パンでも

公開日: 更新日:

富士屋本店 日本橋浜町(東京・水天宮)

 キュウリの食感、オリーブの塩気、トマトの酸味が“三位一体”のハーモニーを奏でている。

「ただでさえ暑いのに、火を使った料理はなるべくしたくないですよね(苦笑い)。刻んで和えるだけのつまみの方がいいかなと思って……」(佐伯シェフ)

 おっしゃるとおりです。イタリア風とうたっているが、「タイの魚醤であるナンプラーを少量使うことで、エスニックの要素もプラスしちゃいました」とのこと。

 こういう自由な発想こそが新しい発見と料理を生み出す。

 夏の晩酌はほぼ毎日豆腐の本紙記者。細かく刻んだオクラ、みょうが、青じそをのせ、醤油をひと回し。なんなら、ゴマだれを合わせるのだってある。でも、それぐらいのアレンジ(?)が関の山だったが、令和初の夏は豊かになりそうです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  3. 3

    未浄化下水広がる“肥溜めトライアスロン”に選手は戦々恐々

  4. 4

    兵庫・明石商監督に聞いた データ分析のチーム強化の労苦

  5. 5

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  6. 6

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  7. 7

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

  8. 8

    引きこもりだった大学生が「しょぼい喫茶店」を始めるまで

  9. 9

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

  10. 10

    セレブ子弟集まる青学初等部に残る“ボスママ戦争”の後遺症

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る