【イワシ缶のチーズ焼き~南仏風~】常備食材でお手軽アペリティーボ

公開日: 更新日:

富士屋本店 日本橋浜町(東京・水天宮)

 缶詰を使ったつまみが市民権を得た今、インスタ映えする“缶ごとレシピ”はレパートリーにぜひ加えたい。南仏風にかかわらず、アンチョビー缶ではなく、醤油漬けのイワシをチョイスした一品とは、郷愁をそそられるではないか。

 でも、侮るなかれ。トースターから取り出したアツアツのイワシ缶は、とろけるチーズの塩気と濃厚さも相まって、太平洋ではなく、地中海の香りが食卓に広がります。

 どうしてイワシ缶を使ったんですか?

「牡蠣のアヒージョはよく見かけますが、より手軽な方がいいかなと思って……。また違った味わいが楽しめますよ」と佐伯シェフ。赤、黄と彩りのいい夏野菜を使ったが、お好みのものでOKとのこと。インスタとは無縁で“映える”必要のないご仁も食べ終わったら軽くゆすぎ、そのままポイできるのは魅力的ですよね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  2. 2

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  3. 3

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  4. 4

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  5. 5

    宮内義彦のオリックスは「実は何か」が問われている

  6. 6

    フジ反町理キャスターと“コロナの女王”岡田晴恵が消えた?

  7. 7

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  8. 8

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  9. 9

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  10. 10

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

もっと見る