滝クリも高齢出産「40~44歳」の出生数は年間5万人超える

公開日: 更新日:

 国会議員にして、“デキ婚”だった。先週、電撃発表された小泉進次郎衆議院議員とフリーアナウンサーの滝川クリステルの結婚のことだ。

 新婦の“滝クリ”の方が年上の41歳。いわゆる高齢出産である。日本産科婦人科学会によると、「35歳以上の初産婦」のケースをそういうという。36歳で2人目出産の場合は高齢出産ではないが、2人目以降の出産が40歳を越えた場合は高齢出産に定義されるらしい。ちょっとややこしいが、“滝クリ”は、今後、子どもを何人産んでも高齢出産にあたる。

 こうした40歳以上の出産(初産も2人目以降も含む)は、2000年ごろから増加の一途をたどっている。

 厚労省の人口動態統計(女性の年齢階級別出生数と出生率)によると、「40~44歳」の出生数は、1990年代の総数は1万人台。それが2001年には1.5万人を超え、2010年には3.4万人台に。そして最新の統計(2018年)では、5万1258人に。全出生数が91万8397人だから、約5.6%いた計算だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「好きな女子アナ」調査 ベストテンからフジが消えたワケ

  2. 2

    寝耳に水の「1位奥川」報道…G原監督“独善”でスカウト諦観

  3. 3

    12球団OKと明言した大船渡・佐々木朗希の「意中の球団」

  4. 4

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  5. 5

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  6. 6

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  7. 7

    三流国家のワル経営者に蝕まれる日本企業に世界が冷笑

  8. 8

    嘘まみれの日米貿易協定 ボロボロ出てくる隠蔽と虚偽説明

  9. 9

    丸の活躍で味をしめ…原巨人の次なる標的は中日159km左腕

  10. 10

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る